好きな人といい雰囲気まではいくけど、なぜかギリギリのところで付き合えない……。

そんな悩みを抱える女性も、少なくありません。

できれば友達ポジションから脱却し、彼の「本命彼女」になりたいもの。

そこで今回は、なぜか「彼氏ができない女性」の特徴をご紹介します。

いつも友達止まり…なぜか「彼氏ができない」女性とは?

照れ隠しでクールになりすぎる

気になる彼の前では、「べつに君のことなんて好きじゃないよ」と、ついツンツンしちゃう女性がいます。

たとえば「必死感が出るからバッチリメイクはやめよう」とか、「ふんわりスカートは、デート意識しすぎかも」など……。

しかし、友達ポジションから抜け出すためには、やはり彼に異性として意識してもらうのが重要。

たまには女子力全開の姿を見せたほうが、彼の恋愛スイッチが入るかもしれませんね!

ノリがよすぎる

ノリがよく親しみやすい印象の女性は、男女問わず好かれやすいでしょう。

しかしそれも、度が過ぎるのはNG。

ノリがよすぎて、過去の恋愛をあけすけに話したり、自分をいじるネタで笑いを取ったり……。

そういう女性は男性から見て、恋愛対象というより「飲み会のときに盛り上げ要員としてほしい」「なんでも話せる友達」というポジションになりがちです。

もし気になる彼と仲良くなりたいなら、女性側が無理に笑いを取る必要はないかもしれません。

普段からノリがいいタイプの女性なら、持ち前の明るさを持ちつつも、彼の前では聞き役に回るよう意識したほうがベターでしょう。

育ちが悪く見える

第一印象がよくても、育ちが悪く見えたとたん一気に恋心が冷めてしまう男性もいます。

たとえば足を広げて座ったり、汚い言葉を平気で使ったり、リアクションがおばさんっぽかったり、TPOを無視した言動をとったり……。

そうなると、男性に「友達ならいいけど、彼女にするにはちょっとナシかな」なんて思われがち。

とはいえ、どうすればそれを防げるのか分からない女性も多いもの。

そんなときは、周りで上品に見える女性をまず真似てみるのがオススメ。

すぐに変化が見られるものではありませんが、気付いたときには周りの見る目が変わってくるはずです。

異性として意識してもらおう!

もし気になる男性がいなくても、恋のチャンスが広げて損はないはず。

そのためには、男性に異性として意識してもらうのがポイントです。

今回ご紹介した内容を生かして、もっと魅力を輝かせていきましょう!

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)