大好きな彼から、「一緒にいると落ち着く」と思ってもらえるのは嬉しいもの。

また、「一緒にいると落ち着く、だからずっと隣にいてほしい」と思われる存在になることは、より良い関係を維持していくためにも、大切なことでもあるでしょう。

そこで今回は、男性が「ずっと隣にいて!」と思う恋人の特徴を4つご紹介します。

離したくない…男性が「ずっと隣にいて!」と思う恋人の特徴4つ

情緒が安定している

喜怒哀楽といった感情表現のしかたは人それぞれで、あまり表情に出なかったり逆に顔にはっきり出やすい、という人もいるでしょう。

しかし、嬉しいときと怒っているときの差があまりに激しすぎると、「何か言ったら怒っちゃうんじゃないか?」と不安になってうかつに話ができなくなってしまうことも。

怒りに任せて行動してしまいそうなときも、なるべく冷静になるように心掛けてみましょう。

どうしても情緒が不安定になりやすい人は、イライラしたり落ち込んだときは無理に一緒にいようとせず、彼のそばから離れて気持ちを落ち着かせるといいかもしれません。

話すスピードがゆっくり

恋人とはリラックスした状態で接したいと思っている人が多いようです。

そんなとき、早口でまくしたてるような話し方をしてしまうと、相手に「一緒にいても心が休まらない」と思われてしまうかも……。

話すスピードによって、相手に抱く印象はガラリと変わるもの。

ただ話すスピードを極端に落とすだけではなく、「落ち着いて、はっきり話す」ということをイメージすると良いでしょう。

自分の弱音を受け止めてくれる

「男のくせに」とか「男なのに」という言葉が嫌いで、「男だって傷ついたりヘコんだりすることもある」と思っている男性も少なからずいるでしょう。

「彼女から女々しいと思われるのが怖いから弱音を吐き出せない」と考えている人もいるかもしれません。

だからこそ、自分が弱音を吐いたとき、否定せずに受け止めてくれる女性に対して、「これからも隣にいてほしい……」と思う男性は多いそう。

また、そういった弱音を聞いても「具体的なアドバイスができない…」と悩んでしまうかもしれませんが、「ただ話を聞いてくれるだけでいい」という人も多いようです。

聞き上手で、意見も言える

聞き上手な人は魅力的に映ることが多く、話している相手も安心して「もっと話したい」という気持ちになるでしょう。

ですが、ただ単に「うんうん」と相づちをついているだけだと、「話を聞いてるのか?」と彼を不安にさせてしまう可能性があります。

必要なときにはきちんと自分の意見を言うことで、「ちゃんと話を聞いて、彼のことを考えている」ということを伝えられるでしょう。

「一緒にいて落ち着く」女性に

男性は、一緒にいて気を遣わなくていいと思える女性に対して「ずっと隣にいてほしい」と思うようです。

今回ご紹介したポイントをおさえて、彼が「ずっと一緒にいたい」と思う女性へと一歩でも近付いていきましょう。

(阿部田美帆/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)