周りの友だちや職場を見渡してみると、長年お付き合いが続く人と、付き合ってもすぐ別れてしまう人とそれぞれ存在するかもしれません。

では、そのふたりの違いは、どこにあるのでしょうか。

実際に「この子となら長続きするかも!」と感じた女性の特徴について、男性に聞いてみました。

このままずっと…男性が「長続きするかも?」と思う女性の特徴3つ

未来につながるケンカができる

「ケンカするほど仲がいいじゃないですが、ケンカした後に、お互いの理解が深まったと感じられる相手なら、結果的に長続きする気がしますね。

逆に自分の意見を言ってくれないと、遠慮してるのかな?って不安です」(27歳男性/自営業)

もともと違う人間ですから、おたがいの意見や価値観が食い違うこともあるでしょう。

それでも、しっかり意見を交わし、相手を理解しようと努めれば、結果的に信頼関係を強くしてくれるはず。

彼の機嫌を損ねることを怖がって自分の意見を封印してしまうより、未来につながるものだと割り切り、思いきってケンカをするのも良いでしょう。

言い合いをするのではなく、あくまでも意見交換をするという意識を持つことが大切です。

2人の時間を楽しんでることがわかる

「デートが近づくと、彼女からのLINEがかなり増えます。本当にデートを楽しみにしていることが伝わってくるので、すごく嬉しいです。

長続きする子は、やっぱりデートを楽しみにしてくれるんじゃないかなと思います」(26歳男性/IT)

デートは、カップルにとって特別な日。

デートそのものを大切にするのはもちろんのこと、楽しみにしていることを相手に伝えられるかどうかも重要です。

「デート楽しみ」「次にあったらあれがやりたい」など、あなたからも彼に「2人の時間をとても楽しみに思ってる」と伝えてみるといいかも。

「もっとこの子を楽しませたい」と彼が感じて、関係が長く続くきっかけになるかもしれません。

素直に喜んでくれる

「やっぱり喜んでくれる人です!これに尽きますね。
こっちも余裕があるわけじゃないけど『ほんとにいいの?』と言いつつも、『すごい嬉しい!ありがとう~!』みたいな感じで喜んでくれる子のほうが、一緒にいたいと思います」(27歳男性/テレビ局勤務)

相手が何かをしてくれても、悪いと思って遠慮してしまうこともあるかもしれません。

とくに、付き合いたてだとその傾向が強くなるようです。

ですが、遠慮しがちな子よりも「彼のしてくれることをしっかり喜べる子」のほうが、彼の心を満足させるもの。

どうしても遠慮してしまいがちな人は、何かをやってもらうときには「じゃあ今度は私が○○するね!」と言ったり、「コレは大丈夫だから、こっちだけお願い!」など、負担を分担するような提案をしてみるといいかも。

彼にどう感じてもらうかが大事!

関係を長続きさせる秘訣は、どうやら「彼に何をしてあげるか」ではなく「彼にどう感じてもらうか」にあるようです。

「彼のために」という気持ちは同じですが、相手の気持ちも考え客観的な目線を持って行動することで、ずっと安定してお付き合いを続けていけるでしょう。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)