仕事だと、締め切りや具体的なゴールがありますよね。

その目標に向かって、スケジュールを立てたり、算段を考えたり……そうしなくては期限までに終わりません。

これは恋愛も同じです。

目標が「気になる男性と付き合う」なら、それまでの算段を具体的に考える必要があるのです。

そこで今回は、「戦略的に恋を成功させる方法」をご紹介します!

仕事と恋は一緒!?戦略的に「恋を成功させる」方法とは?

男性のニーズと好みを調査する

まずは下準備です。

ハウスメーカーを例に見てみましょう。あなたはそこの店員で、「家を建てたい」というお客様がいらっしゃったとしましょう。

すぐにでも建て始めてほしいのか、どれくらいのこだわりを持っているのかなど、お客様の意志確認していく流れとなります。

これが恋愛においても大切なのです。

気になる男性が、すぐにでも彼女が欲しいと思っているのか、彼女にどんなことを望んでいるのか、そしてそのニーズに、あなたが応えられるのかどうか……。

同時に男性の好みもチェックしてみるといいでしょう。

このように下準備していくと、男性にどうアプローチすべきか、具体的に考えやすくなります。

具体的な日程を決める

さて次は、男性のニーズと好みに合わせた「告白してお付き合いを開始する日」の設定です。

無期限にだらだらと効率の悪い方法を続けるよりも、効率的に無駄のないアプローチをしたほうがいいですよね。

期間が短ければ、会う機会を増やすなどして、少し大胆に……。

長期戦なら、定期的に会うことを重視して、じっくり丁寧に取り組むなど、期限に合わせてアプローチ方法を変えるといいです。

こうして売り込み期間が決まれば、次は具体的な日程を決めましょう。

飲み会や大きなプロジェクト、彼を誘いやすいイベントなど、なんとかして機会を作ってください。

こんなふうに期限を逆算して予定を立てると、その都度やるべきことが見え、着実に男性に近づくことができるでしょう。

頻繁に会い、メリットを伝える

「契約」直前には、さまざまな戦略が詰め込まれています。

仕事では、契約事項の細かな修正や確認のために、会う機会が増えますが、これは何度も会うことで親密さが増す効果を狙っています。

また、この時期にはデメリットは提示せず、これまでに提示したメリットを改めて伝えることで、契約への意志を固める方向に持っていくのです。

ときには「断ってくれてもかまわない」という空気感を醸し出して、駆け引きをすることも……。

この方法を恋愛に応用しましょう!

「告白」直前には、会う頻度を増やし、その中で「○○君といたらとっても楽しいね」「趣味を一緒に楽しめる人が彼氏だったら最高だよね」と、付き合うことのメリットを伝えましょう。

仕事と同じくこの時期にデメリットを伝える必要はありません。

また「どっちかに恋人がいたら、こんなふうに一緒に遊べないよね……」と、誰かに取られる可能性を匂わせておくのも効果的。

気持ちは伝えつつ、媚びる必要はありません。

あくまで立場は対等だということを頭に置いて、戦略的に攻めてみてください!

恋も仕事も戦略的に!

ちなみに、その日までに下準備が不十分だった場合には、「お試し期間として、ひとまず付き合ってみること」を提案するのがおすすめ。

せっかく期日に合わせて計画的に進めていても、先延ばしにすると効果が薄れてしまうと、成就する可能性が低くなってしまいます。

ひとまずお付き合いをはじめてみて、不十分だったところを、その期間内に補っていきましょう。

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)