気になる彼が疲れているとき、どんなLINEを送ったらいいのでしょうか?

彼の元気が出るようなメッセージを送れれば、きっと仲を深められるはずなんだけど……。

そこで今回は、もらって嬉しい「癒やされるLINE」について男性に聞いてみました!

マジ天使…!男性が「癒やされるLINE」とは?

「お疲れさま!」

「ベタだけど、やっぱり『お疲れさま』ってLINEは心に沁みるね。
今カノは『お疲れさまだけ言わせて』って、お互いが寝る前に2、3ラリーのやり取りしてたんですよ。
その気遣いが嬉しくて、僕からアプローチしました」(28歳男性/メディア)

忙しい男性に対し、シンプルに「お疲れさま」と伝えるのはオススメです。

ここでポイントなのは、一緒に送るLINEのラリーを少なめにすること。

きっと「お疲れさま」と送るタイミングは、彼の仕事終わりにあたる時間でしょう。

そんな疲れ切っている時間に、LINEのやり取りが長続きすると、億劫に思う男性もいるようです。

「もっと話したいけど……」と惜しい気持ちが残るくらいが、意外とちょうどいい切り上げどきかもしれません。

「いつも頑張ってるよね」

「大きな仕事を任されたとき、周りが『頑張れ』って励ましてくれるなか、先輩だけは『いつも頑張ってて偉い』って言ってくれて……。
頑張りを認められた気がして、本当に嬉しかったんですよね」(29歳男性/営業)

普段から一生懸命に仕事している男性にとって、「頑張れ」という言葉はプレッシャーになることもあります。

言った人に悪気はなくても、「もう頑張ってるし……」とヘソを曲げる男性もいるよう。

そんな男性には、「いつも頑張ってるよね」と現状の頑張りを認めてあげるほうが有効です。

気になる彼といくらか関係が築けている場合は、ぜひ試してみてくださいね。

「○○くんを思い出したら元気出た!」

「○○くんを思い出したら元気出た!」

「気になる子から『仕事でミスしたとき、○○くんのこと思い出したら元気出たの!ありがと』ってLINEが来たんです。
その場にいない俺を思い出してくれたっていう事実が嬉しくて、なんだか心が温かくなりましたね」(25歳男性/企画)

もし気になる彼に話すネタが尽きた……というときは、こんなLINEもオススメです。

実際に気持ちがふさいだとき、「○○くんに励ましてもらえたら元気出るのに」と気になる彼が頭によぎったことはありませんか?

そんな日は、その件について彼にLINEしてみましょう。

自分を思い出してくれただけでなく、知らぬうちに助けていたことに、彼も嬉しい気持ちになるはずですよ。

彼との距離がもっと縮まるかも!

どんなに平気そうに見える男性も、心のなかでは日々ストレスやプレッシャーに潰されそうになっているかもしれません。

そんなとき自分を肯定し認めてくれる女性は、きっと男性にとって大事な存在。

今回ご紹介した内容をヒントに、彼との距離をもっと縮めていきましょう!

(愛カツ編集部)