いくら「好き」「愛してる」と言われても、彼の本心が分からないときってありますよね。

でも、もし彼の行動から愛情が読み取れれば、少し安心できるはず。

そこで今回は、男性の「溺愛サイン」を3つご紹介します。

君が一番だよ♡男性の「溺愛サイン」3つ

こだわりを表に出しすぎない

「俺はかなり潔癖なところがあるんですよ。
でも彼女に嫌われたくないから、できるだけ表に出さないように気を付けてる」(32歳男性/営業)

自分のこだわりがある人って、意外と多いもの。

たとえば潔癖、食べ物の好き嫌いが多い、洗濯物の干し方が決まっているなど……。

でもそれを大好きな彼女に押し付けたら、嫌われるかもしれないと不安になる男性もいるようです。

一方で、「片付けもできない女とは付き合えない」とか「俺○○で買った肉しか食べないから」など自分のこだわりをオープンにする男性。

このタイプは、彼女にどう思われてもいいと考えている可能性大です。

好みを押し付けない

「元カレは『俺ロングヘアの子のほうが好き』とか『デートにズボン履いてくるとかナイわ』とか、なにかと自分の好みを押し付けてくるタイプだったんだよね。

いまは私らしさを尊重してくれる人に出会えたし、元カレとは別れて正解だったなあ」(25歳女性/IT)

男性のなかには、自分好みに彼女を染め上げようとする人もいます。

たとえば、「次はワンピース着てきて」「その服似合わないよ(笑)」みたいに言ってくる男性。

そんな上から目線の男性は、ただ自分の思うように彼女を動かしたいだけなのでしょう。

もし彼女を心から溺愛しているなら、きっとありのままを受け入れてくれるはずですよ。

ついなんでも許しちゃう

「僕はいつもは結構怒りっぽい性格なんです。職場でも怒ってばかりで。

でも好きな子を前にすると、なにをしても微笑ましくて……。
ついなんでも許しちゃうんですよね」(28歳男性/営業)

彼女の言動に対し、イラっときそうなことも許してくれる男性。

そんな男性は、彼女にデレデレなのでしょう。

「○○ちゃんは僕がいないとダメなんだから」なんて世話を焼いてくれるのも、心から愛しているからこそ。

もし彼と結婚したなら、きっと穏やかな生活が待っているでしょう。

とはいえ、彼が怒らないからって、過剰なワガママには注意ですよ。

彼女のためなら…

溺愛している彼女のためなら、自分のこだわりも押さえられるし、どんな姿も許容できる!という男性は少なくありません。

もしそんな男性と結婚できたら、ずっと奥さんを尊重してくれる旦那さんになるはず。

身近に今回ご紹介したような男性がいるなら、大事にしてあげてくださいね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)