お付き合いと結婚は別、という話はよく耳にしますよね。

それだけ、彼女から奥さんへのハードルは高いもの……。

果たしてどんな彼女なら、結婚も意識するほど「一緒にいたい!」と思うのでしょうか?

そこで、これまでの人生相談をもとに「彼の最愛の女性になるコツ」をご紹介します。

結婚も夢じゃない!彼が求める「最愛の女性」になるには?

タイミングを見計らってアピールする

結婚には、「タイミング」がとても重要。

現実的な話、男性が「俺、もう結婚するには遅いかも」と焦っているときに付き合うと、あなたが「本命」になる可能性が高くなるでしょう。

逆に、若いときに付き合った場合は、「結婚」がなかなか意識されにくい傾向があります。

なので、彼の結婚適齢期に、結婚のアピールをかけるといいでしょう。

若いときから付き合っている場合は、時期を見計らって結婚を匂わせてみるといいかも。

彼の弱みを受け入れる

自分の弱みを素直に見せられる相手は、数少ないですよね。

もし、彼があなたに対して、弱い部分を見せてくれるのなら、あなたのことを「本命」として信頼しているということでしょう。

一方で、何年付き合っても弱みを見せられないままでは、結婚生活も厳しいかもしれません。

結婚となると育児や介護、相続のなど、本音で話さなくてはいけない問題がたくさんあります。

これからも彼と一緒にいたいのであれば、落ち込んでいるときにそっと寄り添い、弱みを受け入れてあげる存在になりましょう。

付き合うメリットがある

「どうしても、顔がかわいかった」「資産を持った女性だった」

これらは、さんざん遊び歩いた男性たちが、結婚の決め手を語ったときのセリフです。

かなり厳しい本音ですが、大切なのは「メリットを持つ」女性が最後に選ばれやすいということ。

10年付き合った彼女よりも、めちゃくちゃ好みの顔をした「ぽっと出の女性」が本命になることは(残念ですが)よくある話。

これだけ付き合ったんだから……という期待や安心感はちょっぴり危険です。

もちろんメリットは顔やお金だけではありません。

あなたらしさで彼にメリットを感じさせてみて。

これで彼の最愛の女性に…♡

さあ、あなたは最後まで本命に選ばれそうでしょうか?

彼の「最愛の女性」でいつづけるために、つねに愛される努力をして、自分磨きにはげみましょう!

(トイアンナ/ライター)

(愛カツ編集部)