せっかく付き合えても、ある日突然に別れを告げられたらショックですよね。

でも、どんなときに男性は「別れたい」と思うのでしょうか?

今回は、「別れを考える瞬間」について男性に聞いてみました。

もう限界…男性が「別れを考える」瞬間3つ

だらしない姿を見たとき

「急遽、彼女の家に泊まることになったとき、部屋があまりに散らかっててドン引きしました。
ここまでだらしないと、同棲とか結婚を考えたときにしんどいなって思った」(25歳男性/教員)

ギャップ萌えという言葉がありますが、男性に幻滅されるようなギャップはNG。

もちろん彼の前でリラックスできないのも考えもの。

ただ、あまりにダラけた姿を見せないよう気をつけてみて。

そうすれば、きっと将来を考えるような関係になれるはずですよ。

浮気を疑われたとき

「男友達と旅行したとき、彼女に『女の子もいたんじゃないの?証拠にスマホ見せて?』って問い詰められて……恋心が一気に沈下しましたね。
後ろめたいことはないけど、プライベートな領域のスマホを見られるのって、なんか嫌じゃない?」(27歳男性/建設)

お互いに会えない時間ができると、つい相手のことが信用できなくなってしまうこともあるでしょう。

でも「スマホを見せて」というワードは、一気に男性をドン引きさせてしまいがち。

そこから別れ話に発展するカップルも、結構いるようです。

会えない時間に不安になるのも分かりますが、ネガティブな妄想はほどほどに。

信頼感で繋がっているほうが、関係が長続きしやすくなりますよ。

「ありがとう」がなかったとき

「俺が車持ってるから、飲み会帰りの彼女を家まで車で送ってるんです。
付き合いたての頃は、嬉しそうに『迎えにきてくれて、ありがと』って言ってくれてて。
でも最近は迎えに行くのがが当たり前になってて、お礼すらなくて、なんだかなあ……って感じ」(25歳男性/介護士)

付き合いが安定してくると、彼が彼女のためにやってくれていたことが、つい当たり前になりがち。

そのため感謝の気持ちが薄れたり、照れたりして「ありがとう」という言葉を伝え忘れる女性も少なくありません。

そんな様子を見た男性はだんだん不満が積もって、ある日突然に別れを切り出す……というケースもあるようです。

お互いに尊重し合うのがベスト!

付き合いが長くなってくると、ついお互いに敬意や配慮が欠けてしまいがち。

もし今回ご紹介したような瞬間が頻発しているなら、少しずつ改善をめざしたほうがベター。

そうすれば、おのずと2人の間に信頼関係が築かれていくはずですよ。

(愛カツ編集部)