既婚者ばかりからモテる……と悩んでいる人は、もしかしたら無意識に不倫相手の候補になりやすい言葉を発しているのかも。

そこで今回は、既婚者に「この子、不倫OKなんだ」と思われてしまうセリフをご紹介します。

俺もいける?既婚者に「この子、不倫OKなんだ」と思われてしまうセリフ

「〇〇さん全然アリです!」は勘違いされる

「職場の同僚数人で好みの異性のタイプの話をしていたときに、後輩女性から『○○さんは全然アリです』と僕のことを言われてドキッとしましたね。

僕は結婚しているんですが、それでもアリってことなんだなー、とニヤニヤしちゃいました」(29歳/営業職)

既婚の男性に対して「全然アリです!」というセリフは、「男性のタイプとしてはアリ」という意味であったとしても、「奥さんがいてもあなたならOK」と勘違いされるケースがあるようです。

「○○さん絶対モテますよね」といったセリフも、彼があなたにとって恋愛対象内にいるのだと勘違いされやすいセリフなので、控えたい言葉です。

「あなたみたいな人が夫だったらいいのに」

「仲がいい学生時代からの女友達が彼氏と別れた際に、恋愛相談に乗ってたんですよ。そのとき彼女から言われた、『あなたみたいな人が夫だったらいいのに』という言葉がずっと記憶に残っていますね。

俺には妻子がいるんですが、彼女は俺のことを意識してるのかな?と、そこから彼女が気になってます」(32歳/IT関連)

相手が既婚者と分かっている場合、相手の言動を褒める場合は、表現に注意が必要です。

「あなたのような人が夫だったらいいのに」は、「私の夫があなただったらいいのに」と指名しているように勘違いされやすいのでご注意。

そういった表現より「あなたが旦那さんで奥さんは幸せだね」と、きちんと彼と奥さんの関係性に置き換えて褒めるほうがgood。

相手を勘違いさせないコツです。

「もっと早く出会いたかったです」

「取引先との少人数の懇親会で話が盛り上がり、そのうちのひとりの女性から『もっと早く出会いたかったです』と言われて嬉しかったですね。俺のこと好きなんだー!と舞い上がりました。

妻に内緒で、今度彼女を食事に誘ってみようかなと思っています」(30歳/広告代理店)

「もっと早く出会いたかった」というセリフは既婚男性にとってはキラーワード。

大勢の中で会話を盛り上げるために使ったセリフであっても、勘違いされやすいので注意しましょう。

場の雰囲気で言ってしまったのなら、「○○さんがあと10歳若くてイケメンだったら」や「美人の奥さんがいるので私は身を引きますけどね」など、冗談をアピールするセリフを加えると険悪な雰囲気にならずに勘違いを回避できますよ。

無意識で誤解させるセリフには注意!

既婚男性からのアプローチが多い!という人は、今回紹介したようなセリフに気をつけて男性と会話をすると、既婚男性からのアプローチが落ち着くかもしれません。

会話のなかに奥さんの話題を散りばめて既婚者として扱い、彼候補として意識していないことをアピールしても良いでしょう。

(愛カツ編集部)