男性とのデートでは、一緒に食事をとることが多いと思います。

しかし、食事には男性に引かれる危険がたくさんあるかも……?

今回は、男性が引いてしまう「食事デートのNG行動」を4つご紹介します。

男性が引いてるかも!食事デートのNG行動4つ

話を聞かずに食事の取り分け

ご飯デートでは「とりあえず取り分け!」と必死になってはいませんか?

取り分けるという気遣いができるのは素晴らしいことです。

しかし、男性が話をしているのにもかかわらず、食事の取り分けに夢中になるのはNG。

あくまでもデートの中心は会話です。

取り分けよりも、男性の話を聞き、きちんとリアクションをすることを意識してみてくださいね。

小食をアピールする

男性との食事だと、食べられる量に差がある場合もあるかと思います。

しかし男性のなかには、必要以上に小食を演じたり、「ダイエット中だから……」と食事を残したりするのをよく思わない人もいます。

とくにおいしい食事を楽しみたいグルメな男性にとっては、楽しめないデートとなることでしょう。

本当に食べきれないときは正直に話しながらも、おいしく楽しめるぶんだけを一緒に楽しむのがいいかもしれません。

デートのときは我慢せず、食事を楽しむことも大切ですよ。

キツすぎる香水

おいしい食事を楽しみたい男性のなかには、女性の香水をいやがる人がいます。

デートではいい香りだと思われたい気持ちもわかりますが、純粋に食事を楽しみにしている男性には逆効果かも。

どうしても香水をつけたい場合は、キツ過ぎない香りを選んだり、肌に直接つけるのではなくハンカチやスカートの裾などにつけたりするといいかもしれませんよ。

オーダーを任せきり

食事デートでメニューを選ぶ際、「なんでもいいよ」や「私もそれにする」など、男性に任せきりになってはいませんか?

そんな姿を見ていると、「無理してないかな」や「自分の意志はないのかな」と心配になる男性もいるよう。

食事の場に合わせた注文や提案ができると、男性からの好感度がアップするかもしれません。

どうしてもわからない場合は、「おすすめ教えて」と男性に聞くことからはじめてはいかがでしょうか。

お互いに楽しめるよう考えてみて

食事デートでは、ただ一緒に食事をすればいい、というわけではありません。

とくに食事に気を遣う男性であれば、厳しくチェックしていることも。

かしこまりすぎる必要はありませんが、相手にも楽しんでもらえるように意識して臨むのがいいかもしれませんよ。

(ちりゅうすずか/ライター)

(愛カツ編集部)