気になる人ができると、相手のことをもっと知りたいと思う方は多いのではないでしょうか。

しかし、気になる相手がNGな言動をしたときに、一気に冷めることもあるよう。

そのため、なにをするとダメなのか男性の立場になって知っておくのはとても大事です。

今回は、男性に嫌がられる「NG言動」をご紹介します。

意外とやりがち!男性に嫌がられる「NG言動」とは

物事を決めつける発言

「男って〇〇だよね」「みんなこう思ってるよ」と、決めつける発言をするのはNGです。

あなたに「決めつけているつもり」があってもなくても、その発言をされた途端に「この人に本音を話すのは難しいかも」と心を閉ざす男性は少なくありません。

自分の意見を伝えるのは問題ありません。

しかし、必ずしも相手の男性が「男って◯◯」に当てはまるわけではないため、「俺はそうじゃないのに」と思われる可能性があります。

「〇〇君はどう思うの?」と相手の考えを聞く姿勢でいた方が、話は弾みやすくなるはずですよ。

恋の理想が高い

恋愛に対する理想が高いと、恋人への期待が膨らんでいく傾向がありますよね。

しかし、期待された側からするとプレッシャーに感じることもあるでしょう。

そのため、いっそのこと「思った通りにならないのが自然」と考えて、過度に期待しすぎない方がベターです。

期待するとダメな部分が気になりますが、期待を緩めるとちょっとした優しさや親切に気付く余裕も生まれます。

相手への期待は言動の節々に表れるため、「今、期待してるかも」と思ったら目の前の彼に意識を向けましょう。

昔の恋愛話をする

昔の恋愛話をする

男性は、気になる人の周りにいる男性をライバル視するところがあります。

昔の恋愛話をするだけでもメラメラと嫉妬することもあるため、どうしても話さないといけない状況でない限り、ほかの男性の話題は出すのは避けた方がいいでしょう。

とくにNGなのは、「この場所、元カレと来たことある」「むかし、大好きだった彼がいたんだよね」など、過去の恋愛の思い出を語ること。

もう終わった恋愛だと分かっていても、男性は「元カレより微妙だったらどうしよう」「元カレと比べられてる……?」といった不安を感じてしまうもの。

そういった不安や嫉妬から一気に脈なしになってしまうこともあるので、やめておいたほうが無難です。

好きな人の前ではNG言動に注意して

恋愛対象として見られるには、相手に「居心地が良い」と思ってもらうことがポイント。

「相手の居心地を良くしよう」というプラスの思考で接するのがコツです。

前向きな気持ちで行動すると、自然と良い雰囲気が流れるようになりますよ。

(岡あい/ライター)

(愛カツ編集部)