いい雰囲気なのに、どうして告白してくれないんだろう……。

こんな思いを抱えて、デートを終える女性は少なくありません。

そこで今回は、男性から「告白してもらう方法」をご紹介します♡

白黒つけたい!男性から「告白してもらう」方法とは?

彼に自信を持ってもらう

相手がなかなか告白してくれない場合、「自分では彼女に釣り合わない」と感じているのかもしれません。

男性側がコンプレックスをもっている場合、こうした傾向が強いです。

たとえば身長が低い、イケメンではない、楽しく会話する自信がない……など。

そんな男性には、自信をもってもらうのが一番!

彼と一緒にいるときに、笑顔を心掛けて「あなたと一緒にいると楽しい」と伝えてあげましょう。

「〇〇くんじゃないとダメ」というニュアンスを伝えるのが、ポイントですよ。

「2人きり」になってみる

告白には、ムードが大事。

そのためには、周りの目を気にしなくていい「2人きりの場」を作るのがオススメです。

ただ男性のタイプによっては、「2人きりになったら、警戒されるかも」「嫌われたくない」という気持ちが働く人もいるよう。

そんなときは、女性から2人きりの場を作るのもアリ。

たとえば帰り際に遠回りして帰ったり、人目に付かない穴場スポットに出かけたり……。

シチュエーションさえ整えれば、彼も告白に踏み切ってくれるかもしれません♡

恋愛への興味を示す

男性が告白をためらってしまう理由の3つ目として、「あの子は恋愛に興味がなさそう……」と考えている場合が挙げられます。

相手の男性が、あなたのことを「大人しくてクール」「落ち着いてサバサバしている」と考えている場合。

告白したところで「恋愛に興味がない」と断られたらショックですし、一緒にいられなくなるくらいなら友達のままで……と考えているのかもしれません。

そんなときには、彼に恋バナをしてみるのがオススメ。

理想のタイプ、デートで行ってみたいところ、学生時代の初恋の話などなど……。

こんなふうに恋愛に興味があると示せば、彼も思い切って自分の気持ちを打ち明けてくれるかもしれません。

告白の成功を匂わせる

告白した結果、なにも得られず、傷つくだけのリスクは避けたい……そんなふうに考える男性も少なくありません。

そんな男性の不安を減らすためには、事前に「告白したらOKするよ!」というニュアンスを匂わせてみましょう。

たとえば「〇〇くんが彼氏だったらなあ」とか「〇〇くんと一緒にいる時間が一番好き」など。

こんなふうに、はっきり「好き」と言わずとも、さりげなく好意を伝えてみてくださいね♡

彼の気持ちに寄り添って

彼がなかなか告白してくれない……。

そんなときは、もしかしたら彼が不安になっているのかも。

そのため彼を安心させることができれば、告白に一歩近づくでしょう。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)