気になる彼と何度かデートはしているけれど、なかなか告白してくれない……。

そんな彼との関係にモヤモヤしてしまっているあなたに。

はっきりした告白なしに始まる関係もありますが、やっぱり言葉で伝えてもらえると安心できますよね。

そこで今回は、意中の彼に「好き」と言ってもらう方法をご紹介します♡

恋を実らせたい♡意中の彼に「好き」と言ってもらう方法

好意をチラ見せする

「告白して、もし断られたら……」という不安は、男女共通です。

男性のなかにも、この不安が原因で、なかなか告白できない人がいます。

そんな男性には、遠回しに「あなたのことが好き」と好意をチラ見せするのがオススメ。

たとえば、「〇〇くんみたいな人が彼氏だったらなあ」と言ってみるなど。

彼もあなたのことを考えているならば、「じゃあ、付き合おうか」という言葉がもらえるかもしれませんよ。

2人の関係について質問する

彼との微妙な関係がもやもやする、はっきりした答えがほしい。

そんな場合は、面と向かってはっきり彼に聞いてしまいましょう。

「私たちって付き合ってるの?」と言われれば、彼もうやむやにさせることはできないはずです。

ここで「このままの関係でいいじゃん」と言ってきたり、「付き合おう」と言ってくれないならば、あなたとは本気でないかもしれません。

すでに付き合っていることにする

もしあなたが、気になる彼とすでにデートを何回もしている場合。

「デートを重ねる=特別なこと」と彼に自覚してもらうのも、一つの手です。

たとえば、「私たち何回も2人きりでデートしてるし、もうカップルだよね」のように言ってみるのがいいでしょう。

彼のなかで「もしかして、すでに付き合ってる?」と思わせたら、異性として意識してもらうことができるはず。

たとえ彼は遊びと思っていても、「いや、俺たち付き合ってないよ」とは言い出しにくくなりますし、彼のガチ恋モードに火を付けるかもしれません。

彼も強く否定する理由がなければ、付き合っていることになるでしょう。

その際、「ちゃんと言葉で確認したいから、付き合おうって言ってほしい」と言ってみると、彼もすんなり「付き合おう」と言ってくれるはずですよ。

ただ待つよりも…?

男性のなかには、なかなか自分から告白できない人もいます。

そのため、彼の告白をただじっと待っているだけでは、関係が自然消滅してしまうリスクもあります。

それを防ぐために、今回ご紹介したことを試してみてくださいね♡

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)