現在ラブラブのカップルの中には、現世だけでは一緒にいる時間が足りないという人もいるかもしれません。

来世でも巡り会うカップルは、どんな組み合わせなのでしょうか。

男女の12星座別に、来世でも深い縁や関わりのある組み合わせ占ってみました。

今回は前編として来世でも巡り会うカップル5つをご紹介します。

【前編】12星座で占う♡来世でも巡り会うカップル10選

いて座(11/22~12/21)の女性×みずがめ座(1/20~2/18)の男性

【来世では違いを理解する】

直感で行動するいて座女性と、論理的なみずがめ座男性の組み合わせ。

現世では、少々タイミングのずれやすれ違いを経験したかもしれません。

そのことが来世では引き継がれ、今度はその違いを理解するための時間をたっぷり取れるでしょう。

おひつじ座(3/21~4/19)の女性×しし座(7/23~8/22)の男性

【来世に持ち越す】

自分が一番スゴイと思っているしし座男性ですが、じつはおひつじ座女性の行動力とパワーには一目置いていて、うらやましいとさえ思っています。

でも現世ではパワフルな彼女へどうアプローチするか決められない場合も。

その思いは来世まで続き、強い思いが出会いを引き寄せるのです。

おうし座(4/20~5/20)の女性×うお座(2/19~3/20)の男性

【来世では展開が速い】

まず成就の完成図を作り上げてからアプローチを進める、慎重なおうし座女性。

しかし、恋愛に対して純粋すぎるうお座男性には、計画を立て過ぎると進展が起きにくいです。

そのため、もうちょっと……というところで結ばれない場合が。

来世では展開が速いでしょう。

かに座(6/22~7/22)の女性×おとめ座(8/23~9/22)の男性

【近しい関係でめぐり会う】

「家庭的」というキーワードを持つ星座同士。

現世で出会えば、おだやかな愛へとゆっくりと進んでいきます。

来世では恋愛関係もありえますが、親子や兄弟姉妹、親戚など近しい関係でのめぐり会いが暗示されています。

しし座(7/23~8/22)女性×おひつじ座(3/21~4/19)男性

【エネルギーが呼び合う】

しし座の女性とおひつじ座の男性のエネルギーはとても大きく、現世はもちろん、来世でも強く惹き合います。

ふたつのエネルギーが呼び合って、ひとつになろうとする力が強い2人。

来世では遠く離れた場所に生まれ育っても、ひょんなことから一緒に過ごすことになる運命でしょう。

来世まで続くご縁を大切に

初めて会ったはずなのになんだか前にも会った気がする……という経験をしたことはありますか。

今関わっている人が前世からの付き合いだとしたら面白いですよね。

それと同じように、来世でもまた会える出会いがあるかもしレません。

人との縁を大切にしていきたいですね。

(明石実夕/占い師)

(愛カツ編集部)

●来世でも巡り会うカップル残り5組は?