男性にはデート中、好きな人にだけやってしまう妙な言動があるようです。

いつも完ぺきに見える男性でも、好きな人のまえでは意外な一面を見せることも……?

今回は、男性の失敗談をもとに、デートで「好きすぎて余裕がないとき」にする言動を4つご紹介します。

デートなのに?男性が「好きすぎて余裕がないとき」にする言動4つ

1.見た目も中身も格好つけたがる

「デートの前は髪を切ったり、新しい服を買ったりしてしまう。

あとおごってあげたいし、彼女がトイレに行った隙に払っておくことにこだわりすぎて、デザートのときに『トイレとか平気?』って聞いちゃって微妙な顔をされたことも……」(26歳男性/商社)

好きな人とのデートで、ファッションや髪型に気合いを入れるのは男性も同じようです。

「好きな女性にはいいところを見せたい」と思う男性のなかには、「ごちそうしてあげたい」という人も。

女性がいないところでスマートにお会計を済ませたい人は、焦ってトイレを急かすような発言をしてくるかもしれません。

男性が間が悪い発言をしても、その真意をくみ取ってあげると見方が変わるはずですよ。

2.想定外の出来事に対応できない

「彼女が好きそうなカフェを見つけておいたので、さりげなく連れて行くつもりだった。でも、彼女が『あ、このハンバーグ屋さんおいしそう!お腹すかない?ハンバーグ好きでしょ?』って。

予定変更すればよかっただけなんだけど、最初に決めたカフェが頭から離れず、『フレンチトーストとかあるから!』って、強引にカフェを推してしまった。失敗したなあ」(25歳男性/教育)

好きな女性には、「デートで喜ぶ顔が見たい!」と思う男性が多いようです。

そのために念入りなプランを立てていることもあるかもしれません。

そんなときに想定外なことが起こると、臨機応変に対応できなくなってしまうこともあるのだとか。

男性が自分のデートプランを貫くときは、あなたを思ったデートプランを考えているのかもしれませんね。

3.何度も「大丈夫?」や「ごめんね」

3.何度も「大丈夫?」や「ごめんね」

「彼女がデートにヒールの靴で来て、最高にかわいいんだけど、歩くのがちょっと大変そうに見えたんです。だから、移動のたびに『大丈夫?痛くない?ごめんね?』と言ってたら『どうしてもこの靴で来たかったの私だし、なんかこっちがごめんね』と言われて気まずい雰囲気になってしまって……。

まあ、彼女の言う通りなんだけど、『タクシー拾ってあげたほうがいいかな』とか、いろいろ心配なんです」(30歳男性/飲食)

男性の多くは、「好きな人にはずっと楽しんでデートしてもらいたい」という思いがあるようです。

女性が歩きにくくないかや、疲れてないかが気になる人も。

気遣うあまり何度も声をかけたり、謝ったりする男性がいるようですが、それは彼の優しさなのだと捉えるのがいいかもしれません。

4.お誘いを断られてへこむ

「好きな子に『そろそろ会いたいね』と言ったら『うーん、でもまだ会社も完全リモートだし、今遊ぶのはちょっと……』と言われて大ショック。

『ずっと自粛してて、まだ親にも友達にも会ってないんだ。私が気にしすぎなだけかもしれないけど』とフォローしてくれたからよかったけど、すぐ『会いたくないってこと?』と動揺してしまう」(21歳男性/学生)

ほかの人からのお誘いには、そんなに気にせず断る男性でも、好きな人に断られるとかなりへこむよう。

予定が合わなかったり、外出を控えているという理由があっても、「嫌われたのかな……」なんて考える男性もいるのだとか。

男性からのお誘いを断るときは、フォローする一言を添えるようにしましょう。

好きな相手の前だからこそ

好きな人とのデートになると、かなりテンパってしまう男性もいるようです。

デートで男性が妙な言動を見せても、すぐに引かずに彼の気持ちを考えてみましょう。

あなたへの優しさや愛情が感じられるかもしれませんよ。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)