気になる彼といい雰囲気になってくると、気が緩む方がいるのではないでしょうか。

そんなときこそ、無意識のうちに、相手に悪い印象を与える言動をしてしまうものです。

ささいな言動で、彼に嫌われてしまっては、もったいないですよね。

今回は「彼女にしたくない」と思うNG言動をご紹介します。

これを読んで、できるだけ彼に嫌がられる言動は避けましょう。

男性が「彼女にしたくない…」と思うNG言動は?

裏で探りを入れてくる

「俺の友達に『○○くん、私のことなんか言ってた?』と嗅ぎまわっていた子がいました。

裏でコソコソされるのはいい気がしない。ちょっといいなって思ってたけど、冷めちゃったな」(22歳男性/学生)

直接聞けないけれど、自分への気持ちが知りたいと思う方もいるでしょう。

そんなときに共通の知り合いから情報を得るのは、避けた方が良さそうです。

しかし、コッソリ動いているつもりでも、意外と彼にバレているもの。

うわさに振り回されないためにも、彼ときちんと距離を縮めたほうがいいですよ。

身近な男性に憧れている

「友達から紹介された子に告白しようと思っていた矢先、その子がサークルの先輩の大ファンだと判明。

気になって『先輩のことが好きなの?』と聞いたところ、『ただの憧れだよ!』と言われました。それってどういう感情なの?……俺には理解できませんでした」(21歳男性/学生)

芸能人のファンならわかるかもしれません。

しかし、身近な男性に憧れるほどファンになるのは、男性からするとあまり面白くないかもしれません。

交際前から「俺よりその男のほうが好きなの?」「もしかしたら浮気されるんじゃないか……」と不安を感じる場合もあります。

憧れの男性がいたとしても、それを口にしない方がいいですよ。

返事をしていないのにLINEをしてくる

返事をしていないのにLINEをしてくる

「気になる子とLINEしていたのですが、いつの間にか寝落ちしてしまって。

そしたら次の日向こうから『おはよう!昨日寝た?』とLINEが来てビックリした。

だって普通返信が来なかったら待ちませんか?返事を催促されているような気がして怖くなりました」(25歳男性/営業)

カップル間なら許される「追いLINE」も、交際前は重い印象になりがち。

「まだ付き合ってもいないのに、どうして束縛されなきゃいけないんだろう」と感じて、気持ちが冷めてる場合があるようです。

もう少し待てば彼からLINEが来るかもしれません。気長に待つことも大切ですよ。

相手の気持ちを大事にして

全てさらけ出して、相手に好きになってもらえたらいいですよね。

しかし、実際にはそんなありのままの姿を受け止めきれない男性も多いもの。

あとで「そんなつもりじゃなかった!」と弁解しても、一度失った信頼は取り戻せないことも。

彼の負担になるような言動は慎みつつ、ひっそり愛を育んでくださいね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)