好きな人とある程度の付き合いになると「飽きられていないかな……」と不安に思うことはありませんか?

その不安が思い込みであればいいけれど、本当に飽きられてしまったら辛いですよね。

そう思うのならば「飽きられない女性」になることを意識しましょう!

そこで今回は、男性に聞いた「飽きる女性の特徴」をご紹介します。

一緒にいてもつまんない…男性がすぐ「飽きやすい女性」の特徴

「なんでもいいよ」使いがち

「ご飯とかデートするときとか、なにかしらの要望ほしいですよね。

気つかって『なんでもいいよ』って言ってるのかもしれないけど、もうめんどくさいなってなっちゃう」(23歳男性/保険)

なかなか素直に要望を言えない人もいると思います。

しかし、あまりにも男性に任せきりだと飽きられる女性になってしまうみたい。

そう簡単に飽きさせないためには、ちょっとだけわがままになることを意識しましょう。

「ここ行きたい」「あれ食べたい」くらい言えると、デートするたび新鮮さを感じ、飽きるなんて考える暇もなくなるかも。

一方的に話しすぎ

「自分の話ばっかりする子は『もういいよ』って思ってしまう。一方的すぎて、俺といる意味あるのかなって」(21歳男性/学生)

好きだからこそ自分のことを分かってほしい気持ちは理解できますが、ついつい自分の話ばかりし過ぎていませんか?

お互いをよく知らないころならともかく、付き合い始めてからも毎回一方的な話し方をされたら、彼もうんざりしてしまうでしょう。

せっかく一緒にいるのだから、もっと彼に話を振ってあげて。

たくさん褒めたり、共感してあげたり、ときにはあなたの意見も交えたりすると、もっと会話が弾んでお互いに楽しい時間が送れると思いますよ。

なにも熱中していない

「何にも熱中していない女性はつまらないと感じるので、いくらかわいくても飽きてしまいそう。

趣味でも自分磨きでも、なにかに一生懸命になっている人と一緒にいたい」(26歳男性/インストラクター)

何かに熱中しているときって、なんだか生き生きしていると感じることはありませんか?

そんな女性だと、男性も一緒にいたいと感じるようです。

なので飽きさせないためには、趣味でも勉強でも仕事でも、なんでもいいので、夢中になれるものを見つけてみましょう。

そして毎日を充実させていれば、自ずと成長や変化が表れ、それがあなたの魅力となるでしょう。

飽きられないための努力も必要!

どんなに好きでも、ある程度の慣れは出てくるもの。

その慣れがそのうち、飽きとなる可能性もあります。

そうならないよう、デートの際には、新鮮さを取り入れたり、外見でいえば、メイクやヘアスタイルを変えてみたりするのもおすすめ。

内面では彼に依存しすぎず、自分軸で好きなことを追及している姿を見せてみてもいいでしょう。

飽きられやすい女性の特徴を反面教師として、末永く愛される女性を目指してみてくださいね。

(愛カツ編集部)