彼とのデートって、本来はとても楽しいもの。

しかし、ふとした瞬間に「男性が幻滅する」ことがあるよう。

それが重なると、彼がデートにノリ気じゃなくなってしまうかも……。

そこで今回は、「デートで幻滅する瞬間」について男性に聞いてみました。

男性に聞いた…彼女に対し「デートで幻滅する」瞬間とは?

デート計画を丸投げ

「彼女のことが大好きだからって思ってたけど、毎回デートの計画を丸投げされて疲れてきちゃった……。
日時や目的地、予定や予約とかもう本当全部まかせっきり。
たまには『ここデートで行ったら楽しそうだよ』とか言ってくれたらなあって思う」(30歳男性/営業)

デートの計画って、相手のことをいろいろ考えて様々な決断をするので、毎回1人で全部練るのは疲れてしまうもの。

その彼の苦労も知らずに、「このデートつまんない」なんて伝えたら……。

彼の我慢の糸も、プツンと切れてしまうかもしれません。

ときには、デートのときに2人で次のデートの話をしてみるなど、彼任せにならないよう工夫できるといいですね。

提案せずに口だけ出す

「彼女とのデートのお店選びは、マジで大変なんです。
あっちからなにも提案しないくせに、『○○のお店はどう?』と言ったら『気分じゃない』とか言う……。
重ねて『じゃあ○○はどう?』って聞くと、『前もって、調べといてよ』と言われてしまって。
そっちは、なにもしないの?俺は接客してるの?って思った」(26歳男性/会社員)

デートがスムーズに進むよう、細かくプランを練ってくれる男性もいるでしょう。

しかしそれが毎回となると、彼1人の負担が大きすぎるかもしれません。

そのうえ提案もせずに口だけ出す女性は、幻滅されがち。

彼のことをある程度知ってるなら、「○○のお店なら、2人とも楽しめそうじゃない?」などと女性側から提案してみるのもアリです。

デートプランが曖昧だと不機嫌になる

「個人的に、行き当たりばったりの、まったりデートが好きなんです。
でもこの前、彼女から『もうネタ切れ?なんも考えてないんだね』と言われてドン引き……。
彼女の前では、もう少しリラックスしたいのになあ」(29歳男性/建設業)

この彼女にとっては、理想のデートではなかったのかもしれません。

しかし、だからといって彼がデートを軽視しているとは限らないもの。

もし物足りないと思うなら、女性側からプランを提示してみましょう。

そして、お互いにとって心地よいデートにできるといいですね。

デートは2人で楽しむもの

たしかにリードしてくれる男性は素敵かもしれませんが、あくまでデートは2人だけで楽しむもの。

片方ばかりがプランを練ったり、自分の意見を伝えすぎたりしたら疲れてしまいます。

今回ご紹介したポイントを押さえて、もっと素敵なデートにしていきましょう♡デート

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)