付き合ってからの相手の態度は、実際に付き合わないとわからないですよね。

付き合う前は優しかったのに、いざ交際を始めるとドライな彼氏に……なんてこともあるようです。

そこで今回は、星座別に付き合ったら「ドライになる」男性をランキング形式でご紹介します。

男性の星座で占う!付き合ったら「ドライになる」ランキングTOP3

3位 いて座(11/22~12/21)

【釣った魚に餌をやらない】

付き合い始めのころは、アプローチの余韻もあり、充分に優しいいて座の彼。

しかし、典型的な「釣った魚に餌をやらない」タイプの彼。

ふたりの絆も強くなって、だいぶお互いに慣れてきた……のはいいですが、その優しさは気安さに変わっていきます。

ひどくなると、デート中に他の女性を眼で追うこともありそう。

2位 みずがめ座(1/20~2/18)

【自立を求められる】

一応「付き合っている」から最低限の優しさはクリアしようと思っていますが、スイートでラブラブに優しくすることはあまりない、みずがめ座の彼。

恋人でも自立し合うべきと思い、「大人なんだから、ひとりでできるでしょ?ひとりで帰れるでしょ?」といった感じで、女性的にはもうひと息優しさが欲しいのです。

1位 ふたご座(5/21~6/21)

【悪気はないが、いつもは無理】

自分の彼女ですから、一緒にいるときは楽しく過ごせるよう彼氏らしく優しく。

でも常にするのは無理……と考える傾向があるふたご座の彼。

優しくする気持ちじゃないときには、悪気はないとはいえ、突き放すような言動をサクッとしてしまいがち。

しかし、付き合っているからこその行動とも言えるのです。

交際後のギャップを少なくできるように

気になる男性の性格を事前に把握しておけば、いざお付き合いすることになって、彼のまだ見ぬ一面を知っても、驚くことは少なくなります。

いっぽうで、交際しても優しく誠実な男性とお付き合いしたいと考える人もなかにはいるはず。

今回ご紹介した内容を、ぜひあなたの恋愛に活かして、自分の納得できる相手と恋をしてくださいね。

(芦田イングリット/占い師)

(愛カツ編集部)