既読がついてるのに返信がこない、既読は遅いけどちゃんと返ってくる……。

これってどうしてなの?なんて思うことがあるかもしれません。

そこで今回は、男性にその真意を聞いてみました!

「既読と返信の速さ」の組み合わせでご紹介します。

例:「既読が早くて返信が遅い」場合→既読…早、返信…遅

これって脈あり?「LINEの既読が早い」ときの男性心理とは

既読…早、返信…早

「通知で大体の内容はわかるので、たいした用じゃなければ落ち着くまで開かないです。
なるべくLINEは早く返したいけど、好きな子だから必ず秒で返す、ってわけではないです」(24歳男性/営業)

未読でも、通知で大体のことは確認してることが多いようです。

ただ、気になる女性からのLINEは通知だけじゃなく全文読みたいし、すぐ返したいとは思っているみたい。

脈ありといえそうな反応ですが、これだけでは判断しにくいですね。

気を使わない相手なら男友達のようなノリで適当に返す、なんて声もあるので、他の要素で確認する必要があるかも。

既読…早、返信…遅

「仕事の連絡がLINEでもくるし、スマホに通知が溜まるのが気になって仕方ないので、全部すぐ見ます。
それから優先順位をつけて対応してるので、仕事関係から返していくとプライベートの連絡は後になっちゃうかも……」(25歳男性/広告)

仕事関連でもLINEを使っている男性からは「とにかく全部に目を通す、未読がたまるのがイヤ」という声がありました。

このタイプにとっては、相手への好意と、既読・返信の速さは関係ないのだとか。

むしろ、好きな子への返信はちゃんと返したいから、その日のタスクを全部終えるまで我慢……なんて声も。

他にも、返信が遅いのではなく「昼休み」「夜」など、決まった時間にだけ返すタイプの男性もいます。

時間帯を変えて送ってみると、違う反応があるかもしれません。

既読…早、返信…ナシ

既読は早いけど返信ナシ

「パソコンでもLINEするから、すぐ見ますね。すぐ返せるなら返しますけど、大したことない内容なら『了解』と思って、返信せずにそれっきりかも」(32歳男性/IT)

彼がどんな環境でLINEを使っているかも、気にしたいところ。

いつでもLINEできる人もいれば、仕事中は私物の携帯にさわれない人もいます。

常にLINEを見れる彼からの返信がないときは、「返さなくていい」と思われている場合も……。

続きを送ってもう既読がつかないときは「今は相手にできない」という意思表示かもしれないので、連投は避けたほうがいいかも。

「早く返そう」という気はある?

既読が早くて悪いことはありませんが、それだけでは脈ありとは言い切れない様子。

ただ、LINEをスルーされるのを嫌う女性も多いので、「早く既読がつく=早めに返す気がある」というのは多くの男性に当てはまるよう。

彼がLINEを返せる環境にあるのかも考慮すると、より精度の高い脈あり度がわかるのでは?

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)