全く同じタイミングで、お互いに好きになることはあまりないですよね。

だからこそ、自分の気持ちを相手にさりげなく「匂わせて」、恋を進展させる必要があるのです。

今回は、男性が思わずドキドキした「匂わせ」をご紹介します。

気になる彼にさりげなく好意を伝えて、距離を縮めてみませんか。

恋が始まる?男性が思わずドキドキした「匂わせ」とは

「好き!」とたくさん言う

「つい好きになってしまう女の子は、ポジティブな言葉選びができる女性ですね。『このお菓子好き』とか、明るく楽しそうにしてくれる女性は話しやすいです。

ずっと好きを聞いてると『僕のことも好きと思ってくれてそう』と幸せな勘違いをしちゃいます」(34歳男性/経営者)

自分の喜怒哀楽に従って素直に表情に出せる女性は、男性からとても好かれる傾向があります。

「この食べ物は嫌い」と否定するより「この食べ物美味しいね!」とポジティブに表現した方が、好印象を残せますよ。

「一緒にいたい」と言う

「盛り上がってた飲み会もお開きになりかけたとき『まだ一緒にいたかった〜!』と笑顔で言われたのが忘れられないです。

あまりダイレクトに気持ちを伝えてくれる女の子がいないので、それだけでときめきますね」(27歳男性/保育士)

気になる彼をドキッとさせたいなら、一緒にいたいことを素直に伝えてみるといいでしょう。

「一緒にいたい」という申し出に嫌悪感を示す人は少ないはずです。

重たくならないようにさらっと「もっと一緒にいたかった〜!」と伝えてみてくださいね。

「○○くんだからだよ」と特別感をアピール

「○○くんだからだよ」と特別感をアピール

「前に好きな女の子に『〜くんだからできるんだね』と言われたことがあります。頼られている感じに『俺に好意あるのかな?』と舞い上がってしまったのはいい思い出です。

女性に褒められて悪い気はしないし、甘えた様子はどんどん出すべきだと思います」(31歳男性/美容師)

好きな男性は進んでほめるといいでしょう。

自分も意中の男性に褒められたら、嬉しいですよね。

何しろ二人の関係が親密になったような気がして、余計に接点をもちたくなるものですよ。

匂わせで彼をドキッとさせて

自分の好意を相手に匂わせることで、彼の心を揺さぶることができる場合があります。

「もしかしてこの子って俺のことが……」と期待させるようなアプローチを仕掛けて、相手をその気にさせてみてはいかがでしょうか。

(東城ゆず/ライター)

(愛カツ編集部)