大人になってから「恋愛を楽しめない」と悩む女性も多いようです。

そんな女性には、いくつかの共通点があるみたい。

そこで今回は、恋愛を楽しめず、「恋愛疲れ」を起こしてしまう原因と、対処法をご紹介します。

恋愛を楽しめない?恋に疲れたあなたへの処方せん

恋愛は必ずしもしなくても大丈夫

「恋愛」が義務感になっている場合は疲れてしまう要因の一つに。

そもそも「恋愛をしなければ」「楽しまなければ」という思い込みが、あなたを縛っているのかも。

あなたの心の声に耳を傾けてみてください。

「恋愛をしていないとダメ」だと思うから彼と一緒にいるのですか?

それとも彼が好きだから一緒にいるのですか?

ときどき「じつは彼のことがもう大して好きじゃない」のに無理をして一緒にいる場合があります。

恋愛は楽しいかもしれませんが、「恋愛していないと不幸」ではありません。

恋愛を手放したとても、あなたの価値やステータスが下がることは絶対にありません。

あなたも、「恋愛をしなければ病」になっていませんか?

「恋愛とは」と正解を求めすぎなくてもいい

恋愛を楽しめないという人は、とても真面目で常識的であることが多い気がします。

彼女たちはいつも「恋愛とはこうあるもの」という常識に沿うので、一生懸命になり過ぎてしまうのです。

彼氏とは、彼女とは、恋愛とは、デートとは……。

あなたのなかに、答えの用意されたたくさんの恋愛方程式がインプットされているなら要注意。

恋愛に限らず理想を自分で決めてしまうと、必ず「上手くいかない」と思う日がやってきます。

世間一般で言われている恋愛の常識に寄せていく必要はありません。

恋人らしくなくても、あなたと彼が幸せであれば、それで十分理想なのですから。

自分らしくいられる場所を

自分らしくいられる場所を

彼の前だけは甘えられる、素直な自分を出せる……。

このように彼の前でキャラが変わっていたとしても、それが本来の自分であれば疲れることはありません。

ただ、ガラじゃないことをしてしまったり、普段ならしないようなことをしてしまったり……。

こうやって彼の前で自分が自分らしくいられない場合は、自然体でいられない恋愛をしているのかもしれません。

無理をしたキャラを作ると、「恋愛疲れ」の原因になってしまいます。

恋愛のために、自分を押し殺さなくても大丈夫。

少しずつでもかまいませんので、自分らしさを出す意識をしてみませんか?

恋愛は幸せになるための手段

恋愛はあなたが幸せになるための手段であって、目的ではありません。

恋愛をすることがゴールではなく、あなたが幸せになるのがゴールです。

いまの恋愛があまりあなたを幸せにするものでないのなら、少し休憩してみるのもひとつの手。

そのあいだに、自分の幸せとはなにか……ゆっくり考えてみてもいいかもしれません。

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)