世の中には、恋愛に対してさっぱりしたタイプと、かなり感情的になるタイプがいます。

人生において、恋愛をどの程度優先させるかも人によって異なります。

そこでこちらの記事では、男性の星座別に恋愛スタイルは「ドライ」or「ウェット」どちらか? 占ってみました。

前編に引き続き後編として、てんびん座(9/23~10/23)からうお座(2/19~3/20)までをご紹介いたします。

【後編】12星座別!彼の恋愛スタイルは「ドライ」or「ウェット」?

てんびん座(9/23~10/23)

【ソフトな「ウェット」派】

てんびん座の男性は、社交的で女性のあしらいも上手な恋のエキスパート。

一見モテモテに見えるけれど、人に嫌われるのを恐れて顔色を伺うなど、じつは意外にウェットなところがあるよう。

振り回される恋愛よりも、安定した愛に憧れているようです。

さそり座(10/24~11/21)

【ディープな「ウェット」派】

さそり座の男性は情が深く、好きな女性に一途に尽くすひたむきさの持ち主。

独占欲も強く、好きな人が他の男性としゃべっているだけでイライラしてしまうウエットさが。

付き合ってからは合鍵を渡されるなど特別扱いをされるのが嬉しいよう。

いて座(11/22~12/21)

【陽気な「ドライ」派】

ザックバランなところがあるいて座の男性。

恋のストライクゾーンも広く、いろいろなタイプの女性に声をかけそう。

情熱的で一気に盛り上がることもあるけれど、冷めるのも一瞬かも。

恋愛傾向はドライですが、アタックではウェットな方が嬉しいみたい。

やぎ座(12/22~1/18)

【シビアな「ドライ」派】

現実主義なやぎ座の男性は、恋愛観も合理的。

とにかくムダが嫌いで、本気で好きになるまでは、お金も時間も使わないドライ派です。

家事や料理が得意など、付き合うメリットを感じた人に心動かされそう。

みずがめ座(1/20~2/20)

【クールな「ドライ」派】

冷静で、感情よりも理性を優先するみずがめ座の男性。

好きな人ができても態度に表すことなく、いつも通り接するでしょう。

個人主義で、恋人にもプライバシーに立ち入らないで欲しいと考える、ドライな傾向があります。

つかず離れずのスタンスでいてくれる人がタイプでしょう。

うお座(2/19~3/20)

【ベタな「ウェット」派】

うお座の男性は甘ん坊。

激しくウェット寄りで、彼女といつもベタベタしたいし、たくさん連絡を取り合いたいみたい。

あまりまとわりつくので、面倒に思われることもしばしば。

冷たくされると拗ねてしまうので、愛情深い人とうまくいきやすいでしょう。

恋愛観も彼の一部

彼がどんな恋愛スタンスを持っていようと、それも含めて好きになれるのがベストですよね。

自分の理想の恋愛観を押し付けることなく、相手を尊重した恋愛を心がけましょう。

(涼月くじら/占い師)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)