もうアラサーだし今結婚しないと一生結婚できないかも……と焦っている女性は多いかもしれません。

でも、あまりにも結婚を匂わせてしまうと、婚活中の男性以外には少し引かれてしまうかもしれません。

それではいつまでたっても結婚できませんよね。

そこで今回は、男性がプロポーズしたくなる女性をご紹介します。

【結婚したい女性へ】プロポーズしたくなるのはこんな女性!

他の男性から言い寄られている

ドラマや映画でも、第三者が登場して、嫉妬から結婚したい気持ちに火がつくパターンは良くあります。

結婚なんて具体的には考えていなかったのに、彼女が他の男に真剣に言い寄られていることを知理、急にプロポーズを考え始める男性もチラホラ。

男性って、自分のものを他の男に取られるのが大嫌いなんです。

彼が結婚に踏み切ってくれないのなら、最終手段として他の男の影をチラつかせるのもアリ。

もし、そこで彼が無関心だったり無反応だったりするならば、さっさと別れて別の人を探したほうが得策かもしれません。

一緒に暮らす未来を想像できる

そもそもですが、よほど惚れ込んでいる場合を除き、「一緒に生活したら大変そう」と感じる相手にはプロポーズしませんよね。

相手女性の金遣いの荒さ(衝動買いやムダづかい)を見て、「お金を湯水のごとく使われそうだな……」と不安になることもあるかもしれません。

また、ファストフードやインスタント食品ばかりを食べ、頻繁に深酒をしては翌日をダメにするような不健康な生活を見ると、「一緒に生活したら、こっちも不健康になりそう」「子どもなんて育てられなさそう」と感じてしまうかも。

もちろん結婚してからしっかりする女性もいますが、人の本質はすぐには変わらないもの。

結婚当初は頑張っても、数年後に元通りでは意味ないですしね。

プロポーズをされる女性は、そうした不安を感じる要素がなく、むしろ「一緒に暮らす未来」が想像しやすいのが特徴でしょう。

結婚したら、「癒やし系で和む」「一緒に成長できそう!」と一緒にいることのメリットをはっきりとわかるようにするのがコツです。

結婚したい気持ちを見せすぎない

結婚願望が強い男性を除き、「結婚したいオーラ」を出しすぎると、男性は弱腰になったり逃げたくなったりするもの。

とくに、交際前や交際当初から結婚したいオーラを強く出すと「俺が好きなんじゃなく、単に結婚したいだけか……」と萎えられてしまうことも。

そうなればプロポーズなんて、まずありません。

人は、結局なにかを決断するときには「自分で決めたい」と感じるのです。

たとえば、フラッとお店に電化製品を見に行ったとき、店員にグイグイ押し売りされるような感じがしたら怖くて買いませんよね?

よほど狙っていた製品じゃないかぎり、きっと「いや〜。今日はいいです!」とその場を去るでしょう。

けれど、感じの良い店員さんで、こっちが買いたくなるようなセールストークだったら、フラッと立ち寄っただけだけど買ってしまう……なんてこともあります。

結婚も同じでしょう。女性が自分のためだけにグイグイとアプローチをすると、お相手の男性に怖がられてしまうんです。

結婚相談所等で出会った場合を除き、結婚したいオーラやアピールは、控えめにしておきましょう。

プロポーズしたくなる女性に♡

婚活女子としては「今の彼と結婚したい」「次、付き合う人で最後にしたい」という気持ちが強いでしょう。

しかし実際には、結婚を押し付けるよりも、「プロポーズしたくなるように仕向ける」のが得策。

ぜひトライしてみてくださいね。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)