気になる彼とのLINEのやりとりは、2人の距離を縮めるきっかけになりやすいです。

「どうやったら仲良くなれるのかわからない……」や「アピールの仕方が難しい」と思う方もいるのではないでしょうか。

今回は、モテる女性がやっているLINEのテクニックをご紹介します。

これができればモテ女に♡今すぐ使えるLINEのテクニック

アイコンが本人

「アイコンがその子の顔写真だと、親近感がわくよね。花や風景でもいいけど、あんまり印象には残らないかも」(26歳男性/メーカー)

なかには、LINEのアイコンを自分の写真にするのに抵抗がある人もいるかもしれません。

やりとりをするたびに目に入るアイコンは、あなたを印象付けるものです。

気になる彼の印象に残るような、素敵な写真を選びましょう。

1人の写真に抵抗がある場合は、友達と写っているものから始めてみてはいかがでしょうか。

特定のキャラのスタンプを使う

「いつも同じキャラのスタンプを送ってくる子がいる。気に入っているのか、スマホリングとかもそのキャラなの。街中でそのキャラのことを目にすると、その子のことを思い出しちゃうね」(27歳男性/飲食)

かわいいキャラや面白いスタンプを購入し、使っている人もいるでしょう。

いろいろなスタンプをランダムに使うより、特定のキャラのスタンプを中心に使うと、彼の印象に残りやすいようです。

彼がそのキャラを見るたび、あなたのことを思い出してくれるかもしれませんよ。

タイプミスをまねる

「テンポよくLINEしてると、タイプミスをしちゃうことも。スルーしてくれる人も多いけど、『。』を打とうとして『を』と語尾につけてしまったとき、彼女のほうも『を』をつけてきてくれたのにはニヤニヤしましたね。なんかちょっと打ち解けた空気になりました」(28歳男性/教育)

自分のミスをスルーされたり、何度も指摘されたりするよりは、かわいくからかわれるのが嬉しいという男性も。

LINEをしていると、ついタイプミスをしてしまうことがありますよね。

彼がタイプミスをした時には、まねしてみるといいかもしれません。

2人の距離がグッと縮まる可能性がありますよ。

返信のペースを合わせる

「男女問わない話だけど、LINEの返信ペースにストレスを感じない人って、ほかの面でも気が合う気がしますよね」(25歳男性/不動産)

LINEの返信速度は、人によって変わってくること。

だからこそ、自分と同じようなペースでやりとりできる相手には、親近感を抱きやすい傾向があります。

気になる彼が30分後に返信してきたなら、あなたも30分前後時間をおくといいかもしれません。

同じペースでやりとりができると、彼に「気が合う」と思ってもらえるはずですよ。

たまに使うハート

「ハートマークが入ってるとドキッとするけど、それって、たまーに来るからだよね」(23歳男性/学生)

女性からハートマークが送られてくると、意識する男性が多いようです。

日ごろからたくさん使うよりも、たまに使うくらいにとどめておきましょう。

いきなり「♡」を使うのに抵抗がある人は、絵文字やスタンプの一部に小さなハートが入ったものから使ってみてください。

上手に使えばモテモテに

LINEは単なる連絡手段だと思いがちですが、使い方によっては男性に好意を抱かれることもあるよう。

モテる女性のテクニックを上手に使ってみましょう。

あなたもモテる女性の仲間入りができるかもしれませんよ。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)