好きな人ができると、彼にアプローチする人もいるでしょう。

しかしなかには、男性が引いてしまうアプローチがあるようです。

今回は、男性が引いてしまう「重すぎるアプローチ」をご紹介します。

気になる男性がいる方はぜほチェックしてくださいね。

男性が教える!うんざりする「重すぎるアプローチ」とは

周囲に言いふらす

「会社の同僚みんなに『俺のことが好きだ』って言いまくっている女性がいて、めちゃくちゃ困りました。それはダメだろと本気で思う」(31歳男性/通信関連)

好きな男性と仲良くなるために、周囲の力を借りる人もいるかと思います。

周囲の人に「○○くんが好き」と伝えることで、アシストしてもらえたり、ライバルへのけん制になったりすることも。

しかし、やりすぎると、彼に迷惑をかけることになる場合があります。

一度「この子とは関わりたくない」と思われると、そこから仲良くなるのはかなり困難になることも。

周りに伝えるとしても、あなたの親しい人数人に伝える程度にとどめておくといいでしょう。

気付くと近くにいる

「いつも気が付くと近くにいる子って、さすがにちょっと怖いです。とくになにかを話してくるわけでもないと、なおさら怖くなる」(29歳男性/インストラクター)

好きな人がいると、つい「近くにいたい」と思う人がいるのではないでしょうか。

彼の近くに近くにいると、ずっと彼の姿を見ていられるし、話しかけられるチャンスがあるかもしれません。

しかし、いつも近くにいるのに話しかけてすらこない女性に、恐怖を感じる男性もいるよう。

そばにいたい気持ちもあるかもしれませんが、つねに彼の近くにいるのは避けたほうがいいでしょう。

まるで彼女のような言動

まるで彼女のような言動

「『仕事から帰ったら必ずLINEしてね』って彼女でもない女性に言われたときは、ゲンナリしましたね。なんでそんなこと言われなくちゃいけないんだっていう…」(26歳男性/美容師)

好きだという気持ちが高まりすぎると、付き合っているかのような錯覚をする女性がいるようです。

彼女でもないのに嫉妬したり、おせっかいなことをしたり、彼のことはなんでも把握したがったりすると、うんざりする男性も。

そうなると、男性に距離を置かれる可能性があるので、いきすぎた行動には気を付けましょう。

しつこく誘い続ける

「断っているのにしつこく食い下がられると、だんだん腹が立ってくる。そんな子の誘いに乗るわけないし、ましてや付き合うなんて無理ですね」(32歳男性/自営業)

男性をお誘いしたのに断られても、簡単にあきらめきれないことがありますよね。

そんなときにしつこく「じゃあ○日は?」や「ここならどう?」としつこく食い下がられると、引いてしまう男性もいるよう。

彼の事情を考慮し、断られた際には一度引き下がるのがいいかもしれませんね。

アプローチが台無しになるかも

一方的に思いをぶつけ続けられると、嫌悪感を抱く男性が多いようです。

気になる彼の気持ちを考えずに、ただ自分の気持ちを押し付けるだけでは、彼に振り向いてもらえる可能性は低いでしょう。

アプローチするときには、一度冷静になってみるといいかもしれません。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)