「あざとかわいい女性」って、とくに恋愛を有利に進められます。

しかし、なかには男性に幻滅されていることもあるようです。

そこで今回は、「あざと女子」に幻滅した瞬間について、男性に聞いてみました。

計算高い…男性が「あざと女子」に幻滅した瞬間とは?

気遣いに個人差がある

「仕事の打ち上げで、気になってた子の近くに座れたんです。
しかも、その子が『サラダとってー取り分けるから!』って言ってて、気が利くなあって思ったんですよね。

でもよく見てたら、その子が気を遣うのって男の人とか、同性の上司とかばっかりってことに気づいて……。
なんか計算高い子かも、って苦手になってしまいました」(30歳男性/インストラクター)

1人にだけ気を遣うのであれば、その人に好意があるのかな?と思われるかもしれません。

しかし、それが複数の特定の人、しかもその女性にとってメリットのある人ばかり……。

そうなると、どうしても計算高さを感じてしまうもの。

とくに気になる男性がいる場では、誰にでも平等に気遣いができるようにしたいですね。

おごられるのが当たり前になっている

「気になってた子と、念願のデートに!かなりテンションMAXでした(笑)
でもその子、お会計のシーンで必ずと言っていいほど姿をくらますんです。

その後も何回かデートを重ねましたが、毎回そんな様子で……。
いやまあご馳走するつもりだったけど、あまりにもおごられ待ちすぎて、恋心が一気に冷めてしまいました」(28歳男性/Webデザイナー)

女性側にそのつもりがなくても、支払いになると席を外す・財布を忘れることが繰り返すと、男性に不信感をもたれかねません。

もし男性がはじめからご馳走する気だとしても、女性側に支払おうとする誠意が見られなければ、計算高さを感じてしまうようです。

払わないにしても、「次回は払わせてね」と一言かけたほうが、彼の誤解を避けられるかもしれませんよ。

意外と本音がバレているかも…

今回ご紹介したポイントは、意外とみんな腹のなかで似たような本音を抱えているかもしれません。

ただ、あまりにそれが態度に表れすぎると、その本音が男性にバレてしまうこともあります。

無意識にやっている可能性もありますが、周りにそういう女性がいたら、同じことをやっていないかチェックしてみてくださいね。

(愛カツ編集部)