普段、若々しさを意識していても、なにげない一言で、男性に「おばさん」を感じさせてしまうことがあるようです。

そこで今回は、男性の体験談をもとに、じつは「おばさん認定」されてしまうフレーズを3つご紹介します。

これもダメなの?じつは男性が「おばさん認定」するフレーズ

「私、何歳に見える?」

「『私、何歳に見える?』と聞く人は、逆に『私、おばさんです』と紹介してる感じ。おばさんが実年齢より若く見られたくて質問するイメージ。一応『20代後半ですか?』と合わせるけど、心のなかではおばさん認定してます」(28歳/美容師)

「何歳に見える?」と聞かれると、どう返していいか困る男性は多いのだとか。

実際の年齢に自信がなくて質問で濁しているので、よけいにおばさんっぽさが漂ってしまうようです。

また、「もうアラサーだから」なども同様に、おばさんっぽさが出てしまう言い方。

男性は、実年齢がどうかよりも、年齢を引き合いに出してくるところでおばさん認定するので、逆に「もうすぐ30歳だけど」とサラッと年齢を明かした方がサッパリして好印象を与えられそうです。

「女子力アップしないと」

「ひと昔前に流行った『女子力アップ』。本当に若い子はもう使ってない。おばさんが若ぶって使ってるイメージがありますよね」(26歳/メディア)

一時期の流行を過ぎると、その単語を使っていること自体が、おばさんっぽさを表現してしまう単語には要注意!

「女子力アップ」のほかにも、「○○なう」なども年下男性からはおばさん認定されてしまうようなので、普段何気なく使っている単語を見直してみましょう。

「しんどい、めんどくさい」

「『しんどい』『めんどくさ~』と言いながら仕事してる人を見ると、実年齢にかかわらずおばさんだなと感じます。自分の限界に挑戦してみよう、新しいことを面白がってみようという気持ちの面でのフレッシュさがない」(25歳/アパレル)

仕事の新しい案件や、繁忙期を前につい使ってしまう「しんどい~」や「めんどくさい」というフレーズ。

何気なく出た本音でも、周りの男性からおばさん認定されている可能性が高いので要注意です!

安易にネガティブワードを使わず、「大変だけど頑張ろう!」といった、ポジティブな表現を意識したいですね。

ポジティブな言葉を心がけて♡

「女子力アップ!」や「めんどくさい……」など、男性がおばさん認定するワードは、無意識に使っている言葉も含まれていたのではないでしょうか。

一度おばさん認定されると、そのイメージを覆していくのはなかなか大変なものです。

普段の自分の発言を一度振り返って、いつまでも若々しい印象を与えられるように心がけてみましょう!

(愛カツ編集部)