彼氏に浮気されて破局……。

それが1人ならまだしも、付き合うたびにそんな扱いなら、恋愛に臆病になってしまうでしょう。

そこで今回は、なぜか「浮気されやすい女性」の共通点を3つご紹介します。

なぜ?「浮気されやすい女性」の共通点3つ

揉め事を避けたがる

ギスギスしたりイライラしたり、揉め事になるのは誰だってイヤですよね。

しかし、彼に怪しいところがあるのに「揉めたくないから」となにも言わないのはNG。

そういった彼女の態度は、意外と男性も感じるとることがあります。

そのため、はじめは小さな目移りだったはずが、気づいたらガッツリ浮気になっていることもあるのです。

浮気をしたのが向こうなら、悪いのは100%向こう!というくらいの気概でOK。

「だってお前が最近相手しないから」なんてのは、後付けの理由ということも多いです。

ときには揉める、つまり話し合う勇気も必要でしょう。

浮気しても許してもらえそう

男性のなかに、「この子なら浮気しても許してくれるだろう」という甘えがある場合。

そんなときは、やはり彼に魔が差してしまいやすくなります。

その対策としては、付き合って間もないうちに「浮気したら絶対に許さない」と彼に明言しておくのが大事。

「浮気したら〇〇する」など、なにか条件をつけておいてもいいかもしれません。

そして、それらを最後まで突き通すのもポイントです。

サラッと言った一言でも、彼に浮気のチャンスが表れたとき、抑止力になりますから。

浮気を知ったとき経緯をすべて話す

浮気されたとき、どうしてそれを知ったのか洗いざらい話すのはオススメしません。

なぜなら彼が、尋問されているような気になるから。

それに、どこから浮気がバレたのか分かれば、彼が抜け道を見つけやすくなりますしね。

「これだけ言いたい」という言葉だけを5つ程度にしぼって伝えてみて。

そうすることで、「え、まだ何か知ってるの?」と彼を焦らせることもできるでしょう。

そして「ほかにも知ってるけど、あなたを信じる」という彼女の態度に、彼も「この子は、裏切っちゃいけない子だ」と実感してくれるはず。

「裏切ったのに手放さないでくれた」という事実に恩を感じ、これから一層大事に扱ってくれるかもしれません。

浮気はする側が悪い

よく浮気をされる女性のなかには、「浮気はされる側も悪い」とどこか諦めているような人もいます。

ですが、そういう女性に関しては、「浮気はする側が悪い」と心から信じてほしい。

そういう毅然とした態度が、浮気を遠ざけることに繋がるはずですよ。

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)