こんにちは。「男の気持ちは男に聞くのが一番早い!」恋愛プランナーのTETUYAです。

今回は同性の僕から見ても、捕まったら大変だろうな……と思う「こじらせ系男子」をご紹介します。

こんな男性が近付いてきたら、「まわれ右!」が鉄則ですよ!

付き合うと面倒くさい…「こじらせ系男子」とは?

漠然とした夢ばかり語る

周りに「将来は起業して、セカンドライフは海外に住むんだ」なんて、漠然としたビッグな夢を語りがちな男性はいませんか?

たしかに、夢を語ること自体は悪いことではありません。

口に出すからこそ、叶う夢もありますから。

ただ何年も同じことを言いつつ、なにも変化が見られない……。

そんな男性は、結局まわりを振り回すだけという場合も多いです。

具体的な計画もあるなら別ですが、「大きな夢があるから」というだけで相手を好きになるのは、危険かもしれません。

遊びグセが抜けない

コミュニケーション能力が高くて、いつも女性に囲まれている。

そんな男性のなかには、年齢を重ねても若い頃と同じように「遊びグセ」が抜けないタイプもいます。

もしそんな男性と結婚を考えようとしても、どうしても彼は目移りを止められないかもしれません。

悲しい目にあってしまう前に、誰とでもすぐに打ち解けられてフットワークが軽く、やたらといろんな人からLINEが来てる……なんて男は要観察でしょう。

1人で生きていける

一人暮らしが長かったり、もともと1人が好きなタイプだったり……。

そういった男性のなかには、身の回りのことをすべて自分でこなせる人も多いです。

そうなると、結婚する意味を感じられなかったり、そもそも彼女や家庭にしばられたくなかったりする男性もいるよう。

また、たとえ結婚しても奥さんの家事に対して口出ししてしまう傾向もあるみたい。

こんなタイプの男性と一緒にいると、きっと女性は窮屈な思いをしてしまうでしょう。

パッと見は自立した素敵な男性にも見えますから、きちんと見極めてくださいね。

自己投資しすぎる

車、時計、カバン、靴など、なんでもバンバン買ってしまう。

そんな男性は飽き性な傾向があり、彼女ができても長続きしない傾向があります。

なかには、自分にはお金を使うくせに、彼女に対しては一銭も出したくない!というケチなタイプも隠れているみたい。

オシャレや独特な世界観が素敵に見えるかもしれませんが、こんな傾向が見られたら、冷静にジャッジしてみてくださいね。

なによりも、自分が一番大事な男性かもしれませんから。

付き合ったら大変…

今回ご紹介したような男性は、付き合うくらいなら刺激的で楽しい毎日を過ごせるかもしれません。

ただ、結婚となるとそうはいきません。

なにか問題が起きてからでは遅いですから、今回ご紹介したポイントを押さえながら、きちんと相手を見極めてくださいね。

(TETUYA/ライター)

(愛カツ編集部)