付き合ってから、「あ、この人とは合わないな」と感じることもあるでしょう。

でも、ヤバい男性だったりすると、うまく別れを切り出せないこともあるはず。

そこで今回は、別れたい男性と「少しずつ距離を置く方法」をご紹介します。

別れたほうが吉…ヤバイ男と「距離を置く」方法とは?

彼の好みと正反対の物事を用いる

この方法は、じわじわと2人の会話を減らしていきます。

たとえば彼が清楚ファッションが好きなら、スタイリッシュな服を着てデートに行くとか。

レストランで、彼の苦手な食べ物をわざと頼むとか。

服に関しては「かわいい」と言いづらくなりますし、食べ物に関しては「一口ちょうだい」というやり取りがなくなるでしょう。

そんなふうに、コミュニケーションの幅を狭めていくのです。

そうすることで、彼にも「デートが楽しくない」と実感してもらえるはず。

よそよそしい態度を取る

付き合うと、おそらく出会った当初よりも、距離感がグッと縮まっているはず。

そのため、出会った頃の少しよそよそしい態度に戻してみるというのも一つの手。

たとえば、呼び名を「〇〇さん」と名字で呼んでみるなど。

彼も同じようによそよそしくなれば、関係を自然消滅させることもできるでしょう。

SNSで他の人とたくさん関わる

2人の間の連絡は少ないのに、SNSには投稿が増えていく。

そんな状況なら、外に意識が向いていると彼に実感してもらえるはず。

さらに、コメント欄でいろんな人とやり取りを見せつければ、彼のほうから気持ちが離れていくでしょう。

会うときは必ず体調不良

もしデートのあとに、どちらかの家へ行く流れになったら、「ごめん体調悪い」と断りましょう。

1度だけでなく、連続で。

そうすれば、気持ちを拒まれているということを、彼が自覚してくれるでしょう。

キッパリした態度でOK

今回ご紹介した方法は、さり気なく彼に「別れたい」気持ちを匂わせるやり方。

ただ、少し鈍いタイプの男性のなかには、これだけじゃ気づかない人もいます。

また気づいたうえで、執着しようとする男性も……。

そのため、多少の情も置いておいて、心を鬼にしてさよならしましょう。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)