男性にとって、いくら容姿や第一印象がよくても、なにかのきっかけで嫌われてしまうこともあるようです。

女性からすると「ちょっとしたこと」でも、男性の多くが嫌がることとはいったいなんなのでしょうか。

そこで今回は、付き合う前にしない方がいい、「男性に嫌われてしまう」言動をご紹介します。

付き合う前にしないで…「男性に嫌われてしまう」言動とは

逐一「自分通信」を送る

まだ付き合っていない関係なのに「今、ランチ中」「これから寝ます!」など報告してくる女性は、嫌われてしまうかもしれません。

こんなLINEがきても、男性としては「で?」「そうなんだ」しか返信しようがないです。

男性の方が完璧に惚れこんでいるならさぞ嬉しいでしょうが、これから盛り上がろうとしているときにこのパターンでこられると、せっかくのテンションも急降下です。

好きな相手には、いろいろと話したくなる気持ちもわかりますが、あまりやりすぎないように注意しましょう。

デートで細かい指定をする

たとえば、はじめて2人でデートに行くことが決まったとしましょう。

普通なら男性が希望のエリア、時間、苦手な食材などを事前に聞いて、そのなかでお店を選ぶのがセオリーなのだと思います。

が、このときあまりに細かい指定が入ると、「めんどくさいな……」と感じる男性も多いはず。

この子と付き合うのは大変だ……と思われてしまうかもしれません。

時間関係なく連絡をする

時間帯を選ばず、深夜や早朝でもLINEや電話をしてくる女性も、男性には嫌われてしまう傾向にあります。

もちろん、LINEしたい願望があるのは当然ですし、その気持ちもわかります。

しかし、付き合ってもいない段階で深夜にバンバン連絡がくるのは、男性としても常識の無い子と思ってしまいます。

通知を消音にしてない男性なら、この音で目が覚めてしまうかもしれません。

ここはなるべく常識ある時間帯を意識して連絡しましょう。

付き合う前の距離感が大事!

出会ってまだ間もない段階で失敗する女性は、少し勢いがありすぎる可能性があります。

今回ご紹介した4つのキーワードを紹介しましたが、もし、当てはまるものがあればやめるように努力しましょう。

男性もいちいち言ってくれることは少ないかもしれません。

(TETUYA/ライター)

(愛カツ編集部)