好きな人と仲良くなってくると、だんだん友達のような関係になることもありますよね。

しかし、そこから彼女になれる女性もいれば、ずっと友達どまりの女性もいる……。

その差って、どこにあるのでしょうか?

そこで今回は、男性に「友達のままでいいかな」と思う女性について、聞いてみました。

好きなのは私だけ…「友達どまりになる」女性の特徴とは?

友達期間が長すぎる

「小学校からの女友達がいるんですけど、キレイでかわいいから結構モテるんです。
でも、いまさら付き合いたいって気持ちにならないんだよなあ。
『彼氏ができた』って話もまったく嫉妬しないし」(26歳男性/インストラクター)

知り合ってからの期間が長いと、関係が落ちついてそれ以上の関係になりづらくなるようです。

とはいえ、同窓会で再会した2人がそのまま付き合うというのは、よくある話。

こんなふうに、ある程度の期間を開けて久しぶりに会えば、恋愛関係に発展することもあるかもしれません。

平気ですっぴんを見せられる間柄

「仲良しすぎて、逆に恋愛感情がわかなくなっちゃうときがあるんですよね。
たとえば、相手のすっぴんも知ってる間柄とか……。
付き合う前から、相手のことがいろいろ分かっちゃうと、それ以上の関係になろうって思わないのかも」(27歳男性/介護士)

相手と仲良しすぎて、「まるで兄弟のような感じになる」といいう男性意見もありました。

やはり付き合う前からなんでも知り尽くしてしまうと、恋愛に発展しづらいもの。

それを防ぐには、見せるところと隠すところのメリハリが大事です。

相手を好きだと感じた瞬間から、少しだけその相手に対して「秘密」を作っておきましょう。

それを相手に感じ取ってもらえれば、「付き合ったらもっと知れるかも」と付き合うメリットを感じてくれるはずです。

世話やきタイプ

「世話やきで、いろいろ気を回してくれる子がいるんですよ。
でも最初は嬉しかったけど、だんだん母親感が出てきちゃって……。
正直、恋愛対象って感じではなくなってしまいましたね」(28歳男性/薬剤師)

好きな人には、とことん尽くす派!という女性は、注意が必要かもしれません。

彼の見えるところで、気遣い屋さんな姿を見せると、はじめは好印象の可能性大。

しかし、タイミングを逃すと「友達のままの方がラク」と思われてしまうようです。

ときには「これやってあげたんだから今度デートつれてってよ」なんて、ワガママを言うくらいの関係がちょうどいいのかもしれません。

いつでも会える

「『暇だなー、誰かに会いたいなー』ってときに一番に浮かぶような女友達は、付き合うって感じにはならないかなあ。
一瞬『こいつが彼女だったら』って思うこともあるんだけど、今更って感じ」(27歳男性/美容師)

同性の友達のような相手は、きっと彼にとって居心地のよい相手でしょう。

しかし、言い換えれば刺激のない相手なのかもしれません。

付き合っても同じような関係のままだろうと感じると、男性も付き合う意味を感じなくなってしまうのでしょう。

もし気になる彼とこんな関係にあるなら、同性と行くような場所へのデートは断るというのが一つの手。

代わりに、日時を改めて、デートっぽい目的地を指定してみるのもアリです。

焦らずじっくりでOK

やはり友達関係から、彼女になるには、ちょっとした刺激が必要なようです。

たとえば、2人で新しいことを始めたり、ときには思いきって、関係をリセットしてみてもいいかもしれません。

焦らずに、じっくりと関係を進展させていきましょう♡

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)