片思いは、自分が好きな気持ちばかりが大きく感じたり、叶わないような気がしたりと、つらく感じる瞬間もあるでしょう。

どうせ相手を好きでいるなら、片思いを楽しみたいですよね。

今回は、そんなつらい片思いを楽しむコツをご紹介します。

片思いを楽しみつつ乗り越え、両思いを目指しましょう。

今のその恋、つらくない?片思いを楽しむコツ4つ

1:信頼できる人以外に話さない

好きな人ができると、気の置けない信頼している友達に話をする人もいるはず。

相談したり、恋バナをしたりして盛り上がるのは楽しいですよね。

しかし、本当に信頼し合っている人以外に話すと、うわさが広がったり、おせっかいされて空回ったりする可能性も。

楽しかったり舞い上がったりして、いろんな人に話したくなるかもしれませんが、本当に信頼できる人数人にとどめておいたほうがいいでしょう。

2:恋愛だけになりすぎない

片思い中はつい好きな人のことで頭がいっぱいになりがちです。

しかし、そういうときは一人で舞い上がっているだけのパターンがほとんど。

恋愛でいっぱいになるのもいいですが、あくまでも人生のスパイスくらいの位置づけがちょうどいいかも。

自分の時間を大切にして楽しみつつ、そこに恋愛が加わることでさらに楽しい……というパターンが理想でしょう。

ほどよいバランスで片思いを楽しめないと、恋愛でへこむことがあった際にはなにも手がつかなくなるかもしれませんよ。

3:2人きりにこだわりすぎない

好きな人とは2人きりの時間をたくさん過ごしたいと考える人が多いのではないでしょうか。

2人きりだからこそ縮まる距離もあるでしょう。

しかし、「2人きりのときの彼」と「みんなでいるときの彼」はまた少し違うはず。

みんなでいるときの彼の接し方を見れたり、あなたも2人きりのときほど緊張しなかったりするかもしれないので、複数人で会う時間を作るのもいいかもしれません。

2人きりのときよりも、リラックスして臨めるはずですよ。

4:一気にアピールしたい気持ちを抑える

片思い中は、伝えたいときに「好き」を伝えられないぶん、アピールするときには思いが重くなりがちに。

しかし、男性が受け取れる気持ちには限度があります。

あまりにも伝えられる情報量が多いと、困ってしまう男性も。

本当に好きだからこそ、相手を思いやり、伝える気持ちの量をコントロールするようにしましょう。

感謝の気持ちや相手へのほめ言葉などを優先して伝えると、彼も喜んでくれるかもしれませんね。

楽しめるかどうかはあなた次第

好きな人に片思いをしていると、つい自分一人で舞い上がってしまいがちです。

そんな思いは、彼にとって重荷になったり、自分を苦しめたりする場合があるよう。

片思いだからこそ、楽しむ気持ちを意識してみてはいかがでしょうか。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)