どんなに仲良しでも、男性が1人きりになりたい時間があるよう。

その時間を確保してあげることで、2人の関係がもっとうまくいくかも♡

そこで今回は、男性にとって「なくしたくない時間」をご紹介します。

いくら仲良しでも…彼が「確保したい時間」とは?

仕事に打ち込む時間

「僕は外回りの営業職についています。
だから仕事中もスマホを触るんだけど、そのときに彼女から大量のLINEが来てると、どっと疲れる。

やっぱりどんなに親しくても、仕事モードのときは集中させてほしいかな」(25歳男性/リース)

仕事中は、いくらスマホを触る機会があっても、仕事に集中したいという男性は結構いるもの。

昼休みやトイレの一瞬さえも、仕事モードから切り替えない男性もいます。

でもそれは、仕事に真剣に取り組んでいるからこそ。

もしその女性との結婚を考えているなら、2人の未来のために、いまは仕事に打ち込んでいるのかもしれません。

1人きりの時間

「たしかに彼女といると癒やされるけど、1人でボーッとする時間も欲しいかな。
寝る前の少しの時間とかだけでいいから、いろいろ考えを整理する時間が欲しい」(27歳男性/広告)

仕事や勉強について、家庭のことについてなど、いろいろな考えごとを抱える男性もいます。

もちろん男性のタイプにもよりますが、その考えごとを、1人きりで脳内整理したいと考える人もいるよう。

彼がそういったタイプなら、しばらく放っておいてあげるのも、やさしさでしょう。

趣味に没頭する時間

「彼女のことは大好きですが、彼女抜きで趣味に没頭する時間も欲しい。
そうじゃないと、ちょっと精神的なバランスが取りづらくなるんですよね」(29歳男性/通信)

女性から見たら、ただ遊んでいるだけにも見える、彼の趣味の時間。

でも男性によっては、かなり本気で向き合っている場合があります。

そのため、どんなにくだらなくても、そんな時間も大事にしてあげてくださいね。

あなたの時間も大事にしてみよう

彼との愛が深まってくると、ずっと一緒がいいとか、常に彼と話していたいという女性も多いでしょう。

ただ、男性のタイプによっては、1人で過ごす時間もとても大事なもの。

だから会ってくれないからと怒ったり、不安になったりしなくてOK。

その時間にあなた自身も、いろいろなことを試してみてもいいでしょう♡

(ひとみしょう/ライター)

(愛カツ編集部)