愛カツ編集部がお届けする「愛カツ漫画」。

今回は、マッチングアプリで出会った彼氏に「大企業勤務」だと嘘をつかれたという女性からのエピソードをご紹介します。

マッチングアプリは共通の知り合いがいなくても出会えてしまう便利なツール。

しかし、相手に嘘をつかれるとそれを見抜くのも難しいですよね……。

見栄をはるために嘘をついていた彼氏。

お付き合いするのなら、嘘偽りなく本音で向き合っていくことが大事でしょう。

作画:おむ
原案:愛カツ掲示板
編集:恋愛メディア・愛カツ編集部

マッチングアプリで出会った大企業勤務の彼氏♡

「あっ!」

私には、素敵な彼氏のR介くんがいます。

「お待たせ~!」

彼とはマッチングアプリで知り合い、お互いの趣味が合うことから付き合うことになりました。

なんといっても彼は……。

「最近はね、僕のところは海外出張が多くて、最低でも月3で取引してるんだ!」

「へ~!すごいね!」

「いつも刺激を受けてるよ」

そう、超一流の大企業に勤めているそうだんです!

仕事もできて、尊敬もしているけれど、たまに完璧な彼と平凡な自分にギャップを感じます。

デートの別れ際にまさかすぎる遭遇?

「それじゃあ、また」

「うん!楽しかった!」

私たちが別れようとした、その時。

「あれ?R介先輩?」

彼のことを知っている人が声をかけてきました。誰?

「お疲れさまです!彼女さんとデートですか?……あっ、初めまして!後輩のM田と言います!」

「ああ!海外に行かれてるみたいで、大変ですね!」

私はすぐに彼の仕事の話をしてしまいました。

すると、M田さんは意外な反応を見せます。

「あはは!なに言ってるんですが!俺たち海外出張なんてしたことないですよ!」

「え?」

彼から聞いていたことと違う?

彼が焦り始めるのは目に見えました。

「俺たち、まだ寄るところあるから!また明日な!」

「あ、俺もしかしてまずいこと言っちゃた?」

「ちょっとR介くんどういうこと?」

私たちはその場からすぐ立ち去りました。

大企業勤務だと嘘をついていた?彼の言い訳

「ご、ごめん!後輩酔ってたみたいで……僕もびっくりしたよ~~」

「やめて、そういうことが聞きたいんじゃないよ」

私は彼から言い訳ではなく、本当のことが聞きたかったのです。

「今まで私に話していたことって全部嘘だったの?」

黙り込む彼。

「なにも言ってくれないの?」

「……」

「わかった」

私は決めました。

「一回距離おこうか私たち。今のR介くんを信用できる自信ないや……」

嘘をついていた彼氏と距離を置いて…

それから数週間後、彼から連絡がありました。

<話したいことがある>

<会えませんか?>

<わかった>

なんだろう、別れ話かな?

そして約束の日、彼とカフェで会いました。

「話ってなに?」

「ごめんなさい!」

え?絶対に別れ話だと思ってきたのに。

「K奈ちゃんに嫌われたくなくて、見栄はってあんな嘘ついたんだ。大人げないと思っている……本当にごめんなさい」

「もう…」

そんなことで、こんな嘘ついていたなんて。

「これからは嘘つかないで、本音で話してくれる?」

「約束します」

そして彼と関係修復しました。

嘘をつかれたことは悲しいですが、素直に謝って本音で話してくれたことを嬉しく思っています。

>>この漫画を最初から読む<<

>>最新のおすすめ愛カツ漫画を読む<<