「いつか絶対幸せになれるような、運命の人に出会えるはず……!」と淡い期待を抱いている方もいるはず。

しかし、どうやって運命の人かどうかを見極めるのでしょうか。

今回は、運命の人かを見極める3つのチェック項目をご紹介します。

気になる男性や彼氏を思い浮かべながらご覧ください。

もう出会ってるかも?運命の人を見極めるためのチェック項目3つ

1:本気で好きになれる

年齢を重ねるにつれ、人を本気で好きになることが難しく感じている方が多いのではないでしょうか。

なかには学生のころは、深く考えずに人を好きになれていたのに、社会人になってからは男性のいろいろな面が気になりはじめたという人もいるはず。

そんな社会人になってからも、本気で好きになれる相手は運命の人といえるでしょう。

「この人だけは失いたくない」や「この人と幸せになりたい」と思えるなら、それは本気で好きな証拠かもしれませんよ。

お互いにそう思える相手とは、生涯のパートナーになれる可能性が高いです。

2:代わりがきかない相手

マッチングアプリでも友人の紹介でも、普通に過ごしていたら出会えないような相手なら、運命の人かもしれません。

ほかには、同じ職場でも転職がきっかけだったり、異動がきっかけだったりで親しくなった相手も当てはまるでしょう。

言い換えるなら、「代わりがきかない相手」でしょうか。

「あのときにこの選択をしてなかったら出会えなかったかもしれない」と思える男性は、運命の相手といえるはずですよ。

3:共通点が多い

運命の相手かどうかの判断がしやすいのは、共通点の多さでしょう。

職場や学校などの所属はもちろん、出身地や趣味・嗜好、好きな芸能人などの細かいところも同じだと、親近感がわきますよね。

こだわりや地味な価値観まで同じだと、一緒に生きていくうえで困ることは少ないはず。

周囲から「2人って似てるよね」と言われることもあるかもしれません。

共通点が多く、一緒にいて楽しいと思える相手なら、彼は運命の相手なのかもしれませんね。

運命の人を信じるなら

運命の相手とは、無理に仲良くしようとしなくてもお互い自然と惹かれ合うものかもしれません。

一緒にいると心地よくて、好きな気持ちが増す相手は、運命の相手だといえるでしょう。

そんな男性は案外あなたの身近にいるかもしれませんよ。

(柚木深つばさ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)