好きな人とのLINEだからこそ、いろいろ考えてしまうもの。

なにか話しかけるきっかけが欲しくて、些細なことで連絡したり、誤送信を装ってみたり……。

そんな経験ありませんか?

しかし、相手によっては、「この子、ちょっとめんどくさいな……」と思われていることも。

今回は「男性が嫌がるLINE」についてご紹介します!

もしかすると、あなたも気がつかないうちに、送ってしまっているかもしれませんよ。

あなたは大丈夫?実は、男性が「嫌がるLINE」

褒め方が適当

「職種を言っただけで、とりあえず『すごいですね!』とか言ってくる人っているよね。『いやいや、適当に褒めすぎ』って冷めちゃう」(31歳男性/ファイナンシャル・プランナー)

男性との会話の中で、効果があると言われているのが、「褒める」こと。

たしかに、褒められて嫌な気持ちになる人は少ないでしょう。

しかし、とってつけたような褒め言葉は、逆効果になってしまうことも……。

大した話もしていないのに、大袈裟に褒められても「話聞いてないな……」と感じるようですね。

まずは一言「それってどんなお仕事なんですか?」など、質問しながら話を広げ、彼に興味があることを示してみましょう。

グチの吐け口にする

「同僚の女性から『仕事が大変でさ~。聞いてくれる?』とLINEが来たので、『どうしたの?』と返したら、突然グチりだした。
言いたいことはわかるけど、あなたにも少しは問題があるんじゃ……と思ってしまった」(28歳男性/営業)

頼られたら嬉しい男性は多い、と思っている方もいるのでは?

しかし、頼ることと、グチの吐け口にすることは、別問題。

あなたは「自分は悪くない」と思っていることでも、客観的に見れば「お互い様でしょ……」と感じることはあります。

グチを言ったばかりに、「自分の非を認められない人」とあなたの株が下がってしまうことも……。

グチではなく、相談という形で連絡を取ったほうがいいかもしれません。

「私はこうした方が良かったと思うんだけど、どうかな?」と投げ掛ければ、相手もアドバイスしやすいですし、改善しようとする努力が見え、好感度も上がるかも。

話がマイペース

「『今日はお昼に○○を食べた』とか、みんなが知っている前提で『そういえばあのドラマっておもしろいよね!』とか……。
どんどん自分の方向で話を進める人いません?否定しづらいし、やりとりがちょっとめんどくさくなる」(30歳男性/販売員)

好きな人には、自分のことをもっと知ってもらいたい!興味を持ってもらいたい!という気持ちになるもの。

しかし、それが前面に出ると、自己アピールの激しいLINEと思われる可能性があります。

また、話したいことがありすぎて、長文のLINEを送っていませんか?

一応は、返信してくれる男性でも、「自己中だな」とか「価値観が合わないかも」と感じているかも……。

ところどころで、質問を加えてみるなどして、彼を会話に巻き込んでいく工夫をしましょう!

彼の反応をよく見て!

好きな人とLINEができるのが嬉しすぎて、ついつい暴走しがちな人も多いのでは?

しかし、それがあだとなって、彼からの印象を悪くしては、元も子もありません。

連絡をとることだけに集中せずに、彼のリアクションも見ながらうまく軌道修正していきましょう。

(和/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)