気になる男性とのデートは楽しかったのに、その後の彼の反応が微妙……なんて経験はありませんか?

もしかしたら彼は、デート中のあなたの言動に引いてしまったのかもしれません。

今回は、男性の経験談をもとに、デート中ドン引きした女性の言動を3つご紹介します。

心当たりのある人はもちろん、デートを控えている方もぜひチェックしてみてくださいね。

【ありえん】男性がデート中にドン引きする女性の言動3つ

いきなりファッションチェック

「カフェでテラス席に座ってたら、相手の女性が通りすがりの人のファッションチェックをしだして……。正直『おまえ誰だよ』ってツッコミたくなりました。それが不快で、コーヒー飲み終わってすぐ解散しましたね」(26歳男性/公務員)

せっかくのデートで、人を悪く言う発言は絶対にNG。

そんなつもりで言ったわけじゃなくても、男性からすると「印象悪いな……」と思うことも。

話題に困らないよう、事前になにを話すか決めておくといいかもしれません。

裏表がありそうな態度

「注文のとき、すごいえらそうに『コレ』と頼み、店員さんからの質問には『いらない』の一言のみ。僕に話しかけてくるときは普通なんですけど、そのギャップにもドン引きしたし、居心地が悪くて食事も一気にまずくなりましたね」(29歳男性/インストラクター)

デートのときには、彼だけでなくほかの人への対応にも注意しましょう。

彼の前では普通でも、店員さんの前では不愛想でえらそうな態度でいると、彼は不信感を抱くはず。

「裏表ある子なんだな」や「えらそうで怖いな」と思われると、2度目のデートはなくなるかもしれません。

普段から、周囲の人への態度には気を付けておくといいでしょう。

ごちそうしてもらっても感謝しない

「はじめから払わせるつもりはなかったけど、レジを普通にスルーして先に外に出ちゃうし、会計終わったあとも『ごちそうさま』も『ありがとう』もなし。かなりガッカリでしたね……」(27歳男性/広告)

仮に男性がごちそうしてくれる気でいたとしても、「おごられて当たり前」な態度の女性にはドン引きするよう。

お財布を出さなかったり、「ごちそうさまでした」や「ありがとう」も言えなかったりするようでは、それだけでなし判定される場合も。

ごちそうしてくれて当たり前なんて状況はないので、感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

1回のデートを大切にしよう

気になる彼とデートができても、そこでマイナスなイメージを持たれては意味がありません。

せっかくのデートなので、2人で楽しめるよう意識しましょう。

謙虚さを忘れずに臨めば、それだけでいい印象を抱いてもらえるかもしれませんよ。

(愛カツ編集部)