恋愛は楽しいこともあれば、つらく悲しいこともありますよね。

つらい経験をした人ほど、恋愛に対するイメージがマイナスになりやすいことも。

しかし、「どうせ恋するなら楽しい気持ちでいたい!」と思いませんか?

今回は、恋愛を楽しむためのコツを3つご紹介します。

つらいことばかりじゃない!恋愛を楽しむための3つのコツ

1.感情の揺れ動きを楽しむ

恋愛でつらい思いをした人は、「恋愛で一喜一憂するなんて疲れるだけ」と思いやすい傾向があります。

全力で楽しみ、全力で傷ついた人だからこそ言えることなのでしょう。

しかし、恋愛で一喜一憂すること自体は悪いことではありません。

「一緒にいて楽しい」や「会えなくて寂しい」と感じることこそ、恋愛の醍醐味だといえるでしょう。

「楽しい」だけじゃない感情の揺れ動きさえも楽しむことができたら、恋愛がもっと楽しく感じられるはずですよ。

難しく考えすぎず、まずは楽しむことを意識しましょう。

2.とりあえず妄想してみる

恋愛を楽しむために不可欠なのが、妄想することです。

自分一人で勝手に妄想するぶんには、誰にも迷惑をかけることがありません。

「気になる彼とデートしたら……」でもいいですし、「こんな理想の人がいたら……」でも、なんでもかまいません。

現実が変化しづらい片思いやフリーの時期こそ、妄想の大チャンス!

楽しいことを妄想することで、仕事や自分磨きのモチベーションにもつながるかもしれませんよ。

3.ドキドキを実感する

「私、恋愛してるかも」と実感できるときは、ドキドキしていませんか?

このドキドキこそが、恋愛を楽しんでいる証拠かもしれませんよ。

気になる男性と話したあと、「ドキドキしてるかな」と確認してみてください。

そこで自分がドキドキしているのを実感してはじめて、恋を楽しんでいることに気付く場合があります。

身の回りのドキドキを探してみてはいかがでしょうか。

難しく考えなくても大丈夫

恋愛をするうえで、自分の気持ちを押さえつけていると、心から楽しめなくなるでしょう。

恥ずかしさも寂しさも、すべて「楽しい恋愛」の一環だと思えば、考え方が変わってくるはず。

難しく考えすぎず、気楽に楽しむよう意識してみましょう。

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)