好きな彼にもっと近づきたくてLINEをしているのに、なんとなく彼がよそよそしい……そんな風に感じた経験はないでしょうか?

好きな人と仲良くなりたいと願う気持ちとは裏腹に、「なんか合わないかも」と男性に思わせてしまうLINEがあるようです。

そこで今回は、男性にドン引きされる「NGなLINE」をご紹介します。

恋愛対象外に!男性にドン引きされる「NGなLINE」3選

言葉遣いが変

「付き合ってるわけでもないのに、独特の言葉遣いをしてくる子は不思議ちゃんぽくって苦手かなー。一方的に僕に変わったあだ名をつけてきたり、『にゃん』『ですぅ』とかクセの強い語尾をつける人……。

なれなれしいとか、こっちの引いてる様子に気がつかない子だって思うと、仲良くなりたい気分が薄れます」(27歳男性/公務員)

相性を判断する材料のひとつが「LINEの文体」にあることも。

面と向かって話せば普通なのに、LINEの文体には独特のクセがある……。この場合、「じつは面倒な子なのかも……」と感じるそう。

付き合っている仲なら、ふたりだけの間で通じる話し方や変わったあだ名もかわいいものに見えますが、そうじゃないなら「距離感の変な子」と思われるかもしれませんよ。

長文すぎる

「LINEの吹き出しがやたら長い子って、人の話を聞いてないイメージがあって。僕は時候のあいさつも書かないし、一回に送る文字数も少ない。

なので『手紙か?』って思うほどの長文が、女性から送られてくるとウッ……ってなります。LINEだから、見れるときに見てって感じなんだろうけど、自分の言いたいことはぜーんぶ言わないと気が済まない子なのかな?と思っちゃいます」(30歳男性/アパレル店員)

男性にはなにかと不人気な「女性の長文LINE」

面倒だなと感じさせるだけではなく、「変な子だ」と思われる場合もあるようです。

なかでも短文派の男性からすると、なんの前触れもなく女性が送ってくる長文LINEは、言いたいことを一方的にまくし立てているように映っているそう。

短文LINE派の男性は、会話のキャッチボールを楽しみたいと思う傾向があります。

吹き出しの塊のようなLINEは、キャッチボールにはちょっと重め。

彼が送ってくるトークの吹き出しサイズと、自分の吹き出しサイズに差がありすぎないか、気をつけてみましょう。

送信取り消しをよくする

「僕のLINEの返信が遅いと、一度送ってくれたLINEを送信取り消しする子がいるんですよ。だいたい3時間くらい経つと消される。すぐに返さないのも悪いんだけどモヤモヤしますねー。

『もっと早く返信してよ』って直接言われたことは一度もないのがまたなんとも……。「なんて書いてあったのか聞いてほしい」オーラも感じるから、内心、すっごく重い子なのかな?とも思います」(28歳男性/会社員)

「返事くれないならいいよ」とばかりに、彼に送ったLINEを送信取り消しする女性もいるそう。

ただ、この「送信取り消し機能」は、送信後24時間以内しか使えず、トークにも「送信を取り消しました」と残ってしまいます。

「丸一日待てないなんてせっかちかよ」「何を送って消されたのか、かえって気になる」と男性はかなりモヤモヤする様子。

デートで使うお店情報の送信ミスなどは取り消した方が誤解を生みません。

しかし、ただの雑談をあえて消すのは「なにを考えているかわからない」と気味悪く思われることにもなりそうです。

LINEをするときは気を付けて

クセが強めの変な言葉使いや、思わせぶりな様子、ヘビーな長文……。

どれも、LINEで関係をどうにかしようという意気込みが原因にありそう。

LINEはデートまでのつなぎ・最低限の連絡をするものだと捉えることがベストです。

LINEのやり取り自体に、過剰な意味を持たせすぎないのが「合わない」と思われないポイントですので、あくまでもライトに使いこなしましょう。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)