もし気になる男性が「元カノ」の話をしたら……。

なんとなく嫌な気分になる女性も、多いでしょう。

それになぜ彼は、そんな話を自分にしたのかも気になるところ。

そこで今回は、「元カノの話」をする男性心理をご紹介します。

男心ムズすぎ…「元カノの話」をする男性心理とは?

嫉妬してもらいたい

好きな女性に対して、「嫉妬してもらいたい」と考える男性もいます。

そして嫉妬をさせるには、他の異性の存在を匂わせるのが一番手っ取り早いもの。

そこで、あえて元カノの話をする男性もいるのです。

これは、いわば「好きの裏返し」の言動。

ここで「元カノとはちゃんと縁が切れている」ということを強調してくれるなら、本命サインかもしれません。

ただあまりにも不快な話が出てきてたら、彼にきちんと「嫌だ」と伝えたほうが、お互いのためでしょう。

「元カノに未練がない」と示したい

好きな女性に対して、「元カノには未練がないよ」と示すために、あえて元カノの話をすること男性もいます。

また、なかには「元カノに一切未練がない」からこそ、自分の過去の話をする際に、元カノが登場するという場合も。

彼が、なんのためらいもなく当たり前のように話すのなら、恐らく本当に深い意味はないのでしょう。

過去の自分のことも知ってほしいというだけの可能性もあるので、変に疑ったりはしすぎないほうが◎。

自分の「嫌なこと」を伝えたい

自分の「嫌なこと」を伝えたい

元カノの話をする際に、元カノの嫌だったところや、されて腹が立った話などをしてくる場合。

そんな場合は、「俺はこういうことをされたくない」とか「こういうことをする女性とは付き合えない」という思いを、伝えようとしているのでしょう。

それは裏を返せば、あなたと「本気で付き合いたい」と考えている証拠でもあります。

元カノの話を聞くのはいい気はしないでしょうが、褒めたり思い出に浸ったりするのでなければ、安心していいかもしれませんよ。

異性として意識していない

やはり異性として全く意識をしていない女性には、元カノの話だって気軽にできるもの。

そもそも「付き合いたい」という気持ちがないので、気遣いせず話せるのです。

また「かわいい子だった」とか「やさしくて最高だった」なんて言ってくるのなら、「いい女と付き合っていた自慢」がしたいだけなのかもしれません。

こういった男性は、あなたを「仲良しの女友達」として捉えている可能性が高いです。

恋愛対象としては「まだ」かもしれませんが、彼に信頼されているのでしょう。

なんの未練もないからこそ…

元カノの話は、必ずしも未練があるからするわけではありません。

むしろ、なんの未練もないからこそ、普通に話せるというケースもあります。

そのためすぐにガッカリせず、彼の話し方やその内容に注目してみてくださいね。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)