どんなに「いいな」と思っていた女性でも、きっかけ次第で、心が離れてしまう男性もいるのだとか。

でもそのきっかけって、どんなものなのでしょうか?

そこで今回は、男性の「恋心が冷める瞬間」をご紹介します。

本命→脈なし…男性の「恋心が冷める」瞬間とは?

「感情の浮き沈み」が激しいとき

コロコロ様々な表情を見せる女性は、とても魅力的。

ただあまりにも感情の浮き沈みが激しい女性は、男性から敬遠されやすいのだとか。

とくに、ちょっとしたことで不機嫌になる女性は、男性に苦手意識を持たれやすいよう。

なぜなら扱いに困るだけでなく、「俺といても楽しんでもらえない」とショックを受ける男性がいるため。

その結果、俺とは合わないなと距離を置かれる要因にもなるのです。

不満を相手に伝えるのは大事ですが、一方的にぶつける女性なら要注意かもしれませんね。

「男友達」の多さにドン引いたとき

男友達がたくさんいるのは、決して悪いことではありません。

しかし、その数が多いと「ライバルが多そう」「自分は相手にされなさそう」「遊んでいそう」などネガティブな印象に繋がりやすいです。

この「男友達」は、リアルに会える友達だけとは限りません。

SNSのコメント欄などで、頻繁に男友達と絡んでいる女性も誤解を生みやすいです。

やっぱり好きな女性のSNSって、細かいところまでチェックしている男性もいますから。

いつまでも「受け身」なとき

いつまでも「受け身」なとき

デートに誘うのは、いつも彼からばかり。

そんな場合は、その女性からの好意を感じられず、不安になる男性もいます。

なかでも会話のきっかけも彼から、LINEを送るのも彼から。

このような状態では、だんだん彼も「あまり俺に興味がないのかな?」と思うようになるでしょう。

やはり、その気のない女性へのアプローチをし続けるのはしんどいもの。

そのため分かりやすく好意を伝えたり、2人で行きたい場所を提案してみたりと、工夫は必要かもしれませんね。

「依存」されたとき

好きな女性から頼られたり、甘えられたりすると、嬉しい気持ちになる男性は多いもの。

ただ、それが依存のような状態になると、男性も息苦しさや窮屈さを感じてしまうでしょう。

そこまで来ると、逃げ出したくなる男性もいます。

その結果、恋心を一気に冷めさせてしまうことも……。

しっかり者の一面も併せ持つことで、甘えたときのギャップに、もっと夢中になってもらえるはずですよ。

彼がそっけなくなったら…

いい関係だと思っていた彼が、ある日突然そっけなくなった……。

そんな場合は、彼のなかで恋心が冷めはじめているのかもしれません。

今回ご紹介した内容に当てはまるものがないか、チェックしてみてくださいね。

(山田周平/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)