流行りのメイクは、必ずしも男性に好印象とは限りません。

なぜなら女性ウケと男性ウケのメイクは、ちょっと違ったりするからです。

そこで今回は、「この子、素敵だな」と思うメイクについて、男性に聞いてみました。

初心者向け♡好感度UPな「愛されメイク」とは?

ツヤ&うるおいをプラス

アイシャドウやリップは、濃すぎると男性にドン引きされることがあるようです。

そのため、色よりもツヤを見せ場にしていきましょう。

たとえばラメ感のあるアイシャドウや、ツヤのあるリップ、ハイライトなど。

また、肌ケアによる内側からのツヤも大事。

そのため、常に肌にうるおいを乗せることを意識してくださいね。

影を作りすぎるのはNG

濃すぎるアイシャドウや、太く長いアイラインは、影を作り出し過ぎてしまいます。

アイラインは、目尻に強く引きすぎず、ちょっとだけ見えるか見えないかくらいの長さで、そっと引いていきましょう。

またエラ隠しなどに使うシャドウの色も、肌やファンデになじみやすい、ピンク・ベージュ・ブラウン系がオススメです。

涙袋を作るなら自然に

涙袋を作るなら自然に

涙袋を作るために、影のラインを引いたり、ハイトーンの粉を乗せたりすることもあるでしょう。

ただこれらは、やりすぎると「クマみたい」「不自然」と、男性ウケしないことがあるよう。

あくまでアイラインの脇役くらいと考え、控えめにしたほうが◎。

目を大きく見せるというより、いかに自然に馴染んでいるかを意識しましょう。

チークはふわっと横長に

くっきりと輪郭の分かるチークは、わざとらしさが出て、男性には不評なことも多いよう。

そのため、ふわっと横長に入れることを意識してみて。

香水と同じように、自分では少し物足りないくらいがベスト!

また少し違う同系統の2色を使えば、自然なあたたかみを感じさせることができますよ。

足りないくらいが、ちょうどいいかも

こだわり抜いた濃いめのメイクも、もちろん素敵。

ただ確実に彼の心を掴みたい!という場合は、ふわっとナチュラルなメイクのほうが成功率高めです。

「どこをメイクしたのか分からないけど、確かにかわいい」くらいが、ちょうどいいのかもしれませんね。

(はろ。/ライター)

(愛カツ編集部)