気になる男性と仲良くなるには「会話」がかなり重要。

ただ、その際の言葉遣いによって、一気に恋愛対象外なんてことも……。

そこで今回は、思わずドン引きした「女性の言葉遣い」について男性に聞いてみました。

男性に聞いた…思わずドン引きした「女性の言葉遣い」とは?

「それな」

「この間の飲み会にいた女性が、やたらと話の合間に『それな!』と言う子で。
僕と同い年の子だったから、もういい大人だし、さすがにナイなって思った」(30歳男性/自営業)

学生や、20代前半くらいまでの人たちの間でよく使われている「それな」という言葉。

社会人になってもこの言葉を使う女性に対して、冷ややかな目線を送る男性もいるようです。

恋のチャンスを逃さないためにも、「そうですね」など言い換えたほうが◎。

「オマエ」

「元カノとケンカになったとき、ヒートアップして『オマエさぁ……』と言われたんです。
その瞬間、僕の中で何かがプツンと切れてしまって、彼女への気持ちがゼロに。
なんか育ちが悪い感じだし、本来の姿はそっちなのかなってドン引きした」(28歳男性/会社員)

友達との会話で、冗談交じりに「オマエ」と呼び合う女性もいるでしょう。

ただ気になる男性の前でこの言葉を出すと、一気にドン引きされることもあるようです。

ケンカのときなど、ふとした瞬間に言ってしまわないよう要注意。

「パねぇわ」

「パねぇわ」

「小学校から男女で仲のいいメンバーがいるんですが、そのうちの一人の子が、ふとした会話の流れですごく自然に『パねぇわ~!』と言ったんです。
なんかガサツな印象を受けましたね」(31歳男性/営業)

「パねぇわ」をはじめ一部の省略語は、周りにガサツな印象を与えることがあるようです。

もし口をついて出そうになったら、できるだけ省略する前の言葉を用いるよう意識してみて。

思いつかなかった場合は、似た意味のほかの言葉に言い換えてみる、というのもアリです。

言葉遣いは印象を左右する

せっかく素敵な男性と話すことができても、NGな言葉を用いることで、一気に幻滅されることもあるようです。

逆に、素敵な言葉を用いることで、好印象を与えることもできます。

恋のチャンスを逃さないためにも、普段から素敵な言葉を用いていきたいものですね♡

(愛カツ編集部)