大好きな人とは、いつでも会いたいもの。

しかし、その気持ちをうまく相手に伝えられない女性も、多いのではないでしょうか。

そこで今回は、さりげない「会いたい」の伝え方をご紹介します♡

たまらんっ♡彼へのかわいすぎる「会いたい」の伝え方

「渡したいものがあるの」

「好きな子から『コンビニで、〇〇くんが好きなアニメのお菓子買っちゃった。いる?』ってLINEが来て。
食べ物なら賞味期限とかあるだろうし、早めに会えるようにって予定を調整しました」(24歳男性/自動車整備)

彼のためになにか買ってきたということは、会って渡したいということでもあります。

具体的には言わなくても、相手はそう捉え、時間を作るでしょう。

とくに賞味期限のあるものならば、なるべく早く受け取らなければと思うでしょうね。

「〇〇行ってみたい!」

「合コンで知り合った子から『私〇〇行ってみたいんだ!』って、LINEでおしゃれスポットの情報がたくさん届くんです。
『それって俺と一緒に行きたいってこと?』って思ったら、急にかわいく思えてきました」(26歳男性/医療)

行きたい場所を次々と提案されれば、「一緒に行こう」と誘いを待っているのかな?と察する男性もいるでしょう。

大事なのは、相手にとってもそこが有益な場所であるということ。

そうであれば、自然と一緒に行く流れにはなるはずです。

アイコンを2人で行った場所にする

「暇なときに、LINEを見てたら仲良くしている子が、アイコンを2人で遊びに行ったときに撮った写真にしていたんです。
なにかのメッセージなのかなと思いましたね」(30歳男性/警備)

2人にしか分からないようなアイコンに変えれば、相手は意図的にそうしたのだと察してくれるでしょう。

そこから、アレコレ女性側の真意を妄想するのです。

そこで彼が「また一緒に行きたいってこと?」と思いあたれば、デートのお誘いがくるかもしれません。

ビデオ通話をする

「LINEでやり取りしている子がいて、たまに電話もしていたんです。
すると、突然ビデオ通話がかかってきて『また会いたいな』って一言。
めずしいなと思いましたね。顔が見たいのかな?と思ったら急にかわいく思えてきました」(25歳男性/飲食)

たしかにLINEの文面だけ、音声だけじゃ、会いたい気持ちは伝わりづらいかもしれません。

しかし、そこでビデオ通話をすることで、表情からもいろいろな情報が伝わるはず。

そこで彼の心が動かされれば、画面越しじゃなく、直接会いたいと思ってくれるでしょう♡

健気さがカギ♡

こういった言動は、男性の目に健気に映るはず。

すると「会いたい」と言葉にするよりも、胸に響く場合もあります。

さり気なく距離を縮める手段として、ぜひ活用してみてくださいね♡

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)