気になる彼との話は、頑張って盛り上げたい!と思っている方も多いのではないでしょうか?

だからこそ、会話の内容に幻滅されていたら、ショックを受けてしまうもの。

しかし、面と向かって言えなくても、心の中では「だからなに?」と思うこともあるようです。

「どう返信していいか分からない」「イラっとする」……男性に不評なLINEとは、どんなものなのでしょうか?

アピールのつもりが逆効果?男性が「返信しづらいLINE」4選

グチや悪口

「僕が会ったこともない人の悪口とか、仕事の愚痴とかばっかりだと『Twitterでやれば?』と思う」(26歳男性/建設業)

よく言われることではありますが、気を引こうとしてグチを漏らすのはNG。

もちろん、LINE上でもNGです。

社会人男性からは「大人なんだし、自分で解決しなよ」という意見もありました。

あなたは、「共感してほしいだけ」でも、人の悪口を聞いて喜ぶ人は少ないでしょう。

むしろ、陰口を叩く女性として、あなたの評価が下がりかねません。

彼とのLINEを感情のはけ口にしないよう、踏みとどまることも大事です。

日記LINE

「友達とカフェに行ったとか言われても……。よかったね、って言えばいい?」(24歳男性/メーカー)

彼の気を引きたくて、ついやってしまう「日記LINE」。

その日にあった出来事を、報告するようなLINEは、男性からは不評なようです。

好きな彼と、気持ちを共有したいのは分かりますが、どう反応していいか分からない、という男性の気持ちも理解しておきたいもの。

送るなら「カフェに行った」で終わらず、「ケーキがおいしかったから今度は一緒に行きたい」など、「どうしたいか」を添えると、彼も反応しやすくなるはず。

「これをやったよ♡」だけじゃ、察してはもらえません!

かまってアピール

「大好きな彼女が「具合悪いからごはんと薬を買ってきてほしい」って言うなら喜んでお見舞いに行くよ。

でも、知り合いの女子から、熱が出てるっぽい体温計の写真だけ送ってこられても……。
スルーしてたら『私、平熱低いから37度でも超つらい』って追撃してきたけど、正直『知らねえよ』だよ」(28歳男性/製造業)

LINEでのかまってアピールは苦手、という男性は多いようです。

とくに、好意を寄せていなかったり、そこまで距離が近くなかったりする女性からの「かまって」は、困ってしまうようですね。

どう対処したらいいのか分からない、という声が多く寄せられました。

かまってアピールをするのであれば、少し距離を縮めてからの方がよさそうです。

また、「どうしてほしいか」を明確にしておくと、彼の方も気が楽かもしれませんね。

「ヒマ」アピール

「『ヒマー』と言われても困るし、スタンプだけ送られてきて、返信内容はこっちが考えなきゃいけないのもモヤモヤする。

ヒマなら友達と遊ぶとか、趣味とかいろいろあるでしょう。俺はヒマじゃない、って思う」(25歳男性/金融業)

時間があることを伝えて、「誘いやすいと思われたい!」というのは、男性には伝わらないようです。

むしろ、俺はお前のヒマつぶしかよ!と気分を損ねてしまう原因にも……。

他にも、時間があるから彼と繋がっていたい!という方もいるでしょう。

しかし、いつでもヒマな人が、魅力的に映りません。

ヒマをアピールしてハードルを下げる作戦は、裏目に出る可能性が高いです。

彼の気持ちも考えて!

会話がキャッチボールだとしたら、今回ご紹介したLINEはデッドボール。

自分の気持ちや、「察してほしい」が前面に出た身勝手LINEです。

客観的に見ても、素敵なLINEとは思えないものが多かったのではないかと思います。

しかし、気になる彼を前にすると、つい自分の気持ちを優先したくなってしまうもの。

送信前に一度読み返して、彼が楽しい気分になる文章を心がけてみてください!

(中野亜希/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)