想いを込めてLINEをしても「未読スルー」されてしまうと、悲しい気持ちになることでしょう……。

もしかすると、あなたが送っているそのLINEに、未読スルーされる要素が含まれているのかも。

LINEのやりとりを見返してみて、チェックしながら、この記事を読んでみてください。

未読スルーされちゃうかも…!男性が「嫌がるLINE」の共通点

決まった返事を求めているのが丸わかり

「そんなことないよ。○○ちゃんかわいいよ」「いつも頑張ってるから大丈夫だよ」

……こういった言葉を、かけてほしいこともあるのではないかと思います。

もちろん、それ自体悪いことではありません。

しかし、言われたいのがまるわかりだと、相手の男性も返信する意欲を失ってしまいます。

もし相手の男性に言ってほしい言葉あるなら、素直に「慰めてほしい」「応援して~!」と言うほうがおすすめです。

相手の男性も、どんな言葉を選べばいいのかわかりやすいもの。

ストレートなリクエストに思わず「仕方ないな~」と、可愛く思える男性も少なくないはずです。

「~らしいよ」などのあいまいな会話

男性にとって、会話は「情報のやり取り」である場合が多く、不確かな情報が会話のネタになると、ときにイライラしてしまうことも……。

たとえば、「○○ちゃんから聞いたんだけど~」というような又聞きや、確実性の高い情報が必要なときに「ツイッターで見た」などといってしまうと、男性を不快にさせてしまうかもしれません。

逆に、「ちょっと調べてみたんだけどね」や「○○を専攻してる友達から聞いたんだけど」という話であれば、男性も興味津々で聞いてくれるはずです。

やり取りを長引かせようとしている

好きな人との会話って楽しいですよね。

できることなら、ずっとこのまま話していたい……。

でも、そんな気持ちが溢れて、一旦会話がひと段落したのに、2回も3回も「そういえばさ~」と、延々と、話題提供を続けていませんか?

何度も新しい話題を提供され続けると、相手の男性も「これエンドレスでは?」と予感して「今日はもう返さなくていいか……」とスマホを手放してしまうかも。

そのうち、あなたからのLINE自体、返信するのが億劫に……なんてことにもなりかねません。

「もう少し話していたい」くらいで、その日の会話は終わらせるのが正解です。

言いたいことがわからない

基本的に、多くの男性にとっては女性からのLINEは嬉しいものだと思います。

ただ、長文なのに、読んでも読んでも、結局何が言いたいのかわからない……。こんなLINEだと、うんざりされてしまうでしょう。

相手に読ませておいて、最後は質問もせず自己完結、というようなLINEも未読スルーの原因になります。

LINEで送る前に情報を整理し、何を伝えたいのかをまとめて!

わかりやすくできるまでは、送信ボタンは押さないのがベストです。

好きな人だからこそ…

好きな人とのLINEは、ついつい好印象を与えよう、少しでもたくさん会話をしようと必死になりがちです。

でも、そんな焦りが未読スルーにつながることも……。

気持ちが勝手に舞い上がりやすいときこそ、メッセージの内容、頻度、量をほどほどにするよう心掛けてみてください。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)