男性は、年上の女性にしか出せない魅力に惹かれることがあるよう。

いまや「女は若さがすべて!」や「若くない女は無価値!」なんてことは一切ありません。

大人の女性にしか出せない余裕で、年下の男性を魅了しましょう。

今回は、男性の体験談とご一緒に、「大人の女性にキュンとした瞬間」をご紹介します。

大人の余裕でメロメロに♡男性が年上の女性にキュンとする瞬間

謙虚な気持ちに触れたとき

「『私なんて対象外でしょ?』と思っている謙虚さを見せられると、『そんなことないです!!!』と全力で否定したくなる」(27歳男性/メーカー)

どの年代でも、「私のこと好きになるでしょ?」という女性の勘違いを見せられると、興ざめするという男性も。

そんななか、謙虚な気持ちを忘れず、「私は対象外でしょ」というそぶりを見せる大人の女性には、全力で否定したくなるようです。

全力の否定から、いつの間にか本当に意識していた……なんてことがあるようなので、謙虚さを忘れずにいましょう。

包容力を感じたとき

「失敗したときやお願いしたときに『しょうがないな』と引き受けてくれて『姉さん!』ってなった」(28歳男性/金融)

年下の男性は、余裕のある女性を見ると頼りたくなるようです。

相手が年下なぶん、女性側も怒ったり厳しい目で見たりすることは少ないでしょう。

その包容力が年下の男性には「余裕」や「頼もしさ」に映るのかもしれませんね。

料理ができると知ったとき

「オシャレ~なご飯よりも、唐揚げを美味しく揚げられるとか、お惣菜を作ることができるとかにときめきますね」(28歳男性/不動産)

料理は、経験があればあるだけ上達しやすいものです。

家庭的かつ、男性が好きそうなおかずを美味しく作れる女性に、魅力を感じる男性が多いよう。

まさに、「胃袋をつかむ」ですね。

できて損はないはずなので、できるときに料理の練習をしてみてはいかがでしょうか。

服装から色気を感じたとき

「ぴったりとしたタートルネックやミニではないスカートのスリットなど、大人の色気にドキドキしますね」(29歳男性/商社)

肌を露出をすることだけが、色気に直結するとはかぎりません。

ぴたっとしたニットを着てボディラインを強調したり、ロングスカートから脚をのぞかせたりと、上品な色気を出せる服を選びましょう。

年下の男性は、大人の色気を感じたら、ドキドキせずにはいられないようですよ。

年下の男性を魅了しよう

年下の男性は、女性の大人の魅力に触れると、そこから意識しやすい傾向があります。

一度男性をドキドキさせたなら、それからあなたのとりこになるはずですよ。

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)