好きな人と付き合えても、「彼氏からちゃんと愛されてるのかな」と不安に感じることはありませんか?

彼の行動を見れば、本命かどうかがわかるかも。

今回は、男性が本気で好きな彼女にだけすることを3つご紹介します。

やっぱり特別だから♡男性が本命の彼女にだけすること

飲み会前にはきちんと報告

「とりあえず付き合うか!的な流れで付き合った彼女がいるときには、黙ってほかの女の子がいる飲み会に行ってましたね。あわよくば乗り換えも……とか思ってたかも。

でも、本命の彼女には必ず『今日の飲み会には女の子がいる』と報告します。あらぬ疑いをかけられて別れに発展しても嫌だし、彼女を不安な気持ちにさせたくないって思いますから」(28歳男性/商社)

彼女を本命だと思っているかどうかで、飲み会があるときの報告が変わってくるよう。

事前に「今日飲み会あるんだけど、女性もいる」と詳しく報告してくれる場合は、本命の彼女だと思っていいのかもしれませんね。

そんなときは彼の「不安にさせたくない」という気持ちを尊重してあげるといいでしょう。

連絡はマメに返す

「男って基本的に連絡無精じゃないですか。でも、付き合っている女性が本命だったら、けっこうマメに連絡できるんですよ。相手からの連絡を勝手にスルーしたりもしないし。

だから、彼から連絡がこないって人は、本命じゃない可能性が高いんじゃないかな」(26歳男性/インストラクター)

もともとの性格にかかわらず、本命の彼女にはマメに連絡したくなる男性が多いようです。

彼女を不安にさせたくない思いや、会えなくても関わっていたいという思いによるものなのでしょう。

彼から連絡がマメにくる場合は、本命だと思っていいでしょう。

大きな決断前には相談

「転勤の辞令が出たとか転職を考えているとか、自分の人生にはもちろん相手の人生にも影響を及ぼすような決断に対しては、必ず彼女に相談します。いつか結婚したいと思っている相手であるからこそ、大切なことは共有しておきたい。

どうでもいいと思っている女性には、きっと相談せず勝手に好き放題すると思いますけどね」(29歳男性/公務員)

男性は、今後の人生を左右するような大きな決断をする前には、本命の彼女の人生にも影響があると考え、きちんと相談する傾向があります。

本命でない場合は、事後報告になるよう。

大きな相談を持ち掛けられた経験があるなら、それは本命のサインだといえるでしょう。

わかりやすいい違いがあるはず

男性は、本命の女性は特別扱いすることが多いようです。

彼の行動を読み取れば、自分が本命かどうかがわかるかもしれません。

自信がない人は、彼の行動を観察してみるといいでしょう。

(恋愛メディア・愛カツ編集部)